CRIME

「楽しすぎて止められない」 ハッカー集団が監視カメラ映像に不正アクセス

Source: iAmMrRob/Pixabay

IoTに特化したネットワーク型監視カメラを販売している『Verkada』が10日、ハッカー集団によって15万台以上の監視カメラ映像が流出したことを発表した。

情報漏洩の被害を受けた顧客の中には、刑務所や病院、教育施設の他、電気自動車メーカー『Tesla(テスラ)』が中国河南省に構える製造拠点も含まれている。

米メディア『Bloomberg』によると、侵害された監視カメラには顔認証システムが搭載されている機種もあり、カメラに映った人物の個人情報を表示させることが出来る。

Verkadaの製品(上) Source: Verkada

またライブ映像のみならず、Verkada利用者全てのアーカイブ映像へのアクセスにも成功したと、ハッカー集団は述べているという。

不正アクセス行為を犯した国際ハッカー集団の内の1人、スイス出身のプログラマーであるティリー・コットマン(Tillie Kottmann)氏は犯行動機として、監視カメラの脆弱性を暴く為だと明かした。

さらにコットマン氏は、こう付け加える。

「みんな、好奇心旺盛だからね。情報共有の自由度も上げたいし、資本主義と知的財産権との戦いを挑む為でもある。

アナキズム支持もちょっとあるかな。それとさ、やっぱり楽しすぎて止められないんだよね」

CEOのフィリップ・カリスザン(Filip Kaliszan)氏は10日と11日、公式サイト上に声明文を掲載。そのなかで彼は、同社が現在、原因究明のため外部のセキュリティ会社と連帯して調査に乗り出していると述べ、連邦捜査局(FBI)にも協力を要請したと伝えている。

 

 

おすすめ記事

  1. 亡き夫へ捧ぐ 妻がウェディングドレスで写真撮影に挑む
  2. 「救済金は中国人ではなく黒人に」 市議会議員の発言が波紋を呼ぶ
  3. 米アマゾン、LGBT+が精神疾患であると主張する書籍を販売禁止に…
  4. 「白人の命も大切」デモが全米各地で開催、参加者が少なすぎてキャン…
  5. パラリンピック選手が日本人差別?インスタ画像が大バッシングを受け…
  6. 「コロナ逆輸入」で外国人嫌悪が広がる
  7. 迫害に怯えるアジア系住民へ、タクシー代を負担する試みがスタート
  8. スマホを弄りながら食事が出来る”Sphoon �…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。