CRIME

詐欺罪で飲食店オーナー夫婦に懲役1446年の判決が下される

Source: Laemgate Seafood Restaurant/Facebook

タイの首都バンコクで飲食店を営んでいた夫婦が10日、客からカネを騙し取ったとして懲役1446年の刑が処された。

現地メディア『Thai PBS』によると、シーフードレストラン『Laemgate Seafood Restaurant』の経営者であるアピチャート・パロンジュラカと妻のプラパソーン・ボヴォンバンチャは昨年初旬、コースメニューの割引券販売を告知した。

そこで、10人前が880バーツ(約3000円)、20人前が2020バーツ(約7000円)などの法外な安値を提示したため注文が殺到。なんと2万人もの予約客が集まり、1億円規模の収入を得たという。

 

 

しかしレストランは「供給が追い付かない」ことを理由に、サービス停止の発表を余儀なくされた。

同店は返金を約束したと報じられているが、突然のキャンセル通知に激怒した購入者らの一部が警察に通報。夫婦は詐欺罪など723件の罪で起訴され、1人懲役723年の計1446年という超長期刑を科されたのだ。

一方で、タイでは犯した罪につき刑罰を加える「併合罪加重」という手法が一般的に取られているため、表面上は数千年という判決であっても、実際は数年や数十年で出所する場合が殆どであるという。

 

おすすめ記事

  1. ヘアカットに満足せず美容院に2年間も嫌がらせ行為
  2. インド系の女性を「黒人」と呼んだパン屋が謝罪を表明
  3. 容姿を褒められて激怒? 45歳男が隣人の男性を刺殺
  4. 父親にネットゲームを強制終了され逆上した15歳少年、誕生日の夜に…
  5. SNSで大量の誹謗中傷を受けた歌手、自殺を考えるようになったと告…
  6. アメリカで流行中の「キツネ顔」、アジア人軽視であるとの指摘も
  7. 使用済みコンドームが用水路に大量発生 都内ホテルを摘発
  8. 80代の高齢カップル、40年以上の時を経て結婚を決意

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。