HOT

警備ロボットが街中でソーシャルディスタンスの監視役に

Source: OTSAW

「この公園での集会は認められていません。安全な距離感を維持してください。ゴミのポイ捨ても禁じられています。家から出ず、安全な暮らしを守りましょう」

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の被害が急速に拡大しているシンガポールで、ある無人のパトカーが街ゆく人々に外出自粛を呼び掛ける光景が注目を集めた。

 

 

SLAM技術(自己位置推定と環境地図作成の同時実行)を駆使したこのロボットは、シンガポールやアメリカのシリコンバレーを拠点に活動するセキュリティー会社『OTSAW』が開発した自立移動型の警備ロボット『O-R3』だ。

高精度の全方位カメラが搭載されており、充電が少なくなるとセンサーで感知して自主的に基地に戻るという。収集されたデータは、遠隔で管理しているセキュリティーチームに送られる。

24時間体制で働くO-R3は外出自粛の呼び掛け以外にも、街の治安を守るパトロール担当として今後の活躍が期待されている。

 

おすすめ記事

  1. 少女への体罰に母親が激怒 しかし世間は教師を擁護?
  2. パリの全裸レストランが”人気不足”で閉店…
  3. 「棺の中で30時間過ごせたら賞金プレゼント」遊園地が驚きの企画を…
  4. 6歳の息子をナイフで刺した母親に懲役10年
  5. 「ジョーカーの階段」が観光名所に?一方で注意喚起も
  6. 【フィリピン】女性が警備員の彼氏に突然プロポーズ!?
  7. 79歳母親を生き埋めにした58歳息子を逮捕 介護疲れか
  8. ゲイ専門の出会い系サイトを運営していた男性2人が逮捕される

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。