CRIME

「内戦を目論んだ」疑いで極右団体メンバー12人を拘束

Source: Bundespolizei

ドイツ当局は先月14日、国内6州13都市で行われた特殊部隊による強制捜索で、男12人を「国家の社会秩序を乱し、内戦状態に引き込もうとした」疑いで逮捕・起訴した。

複数の欧米系メディアによると、逮捕されたなかの4人は昨年9月に発足した極右団体の主要メンバーで、「政治家、難民、イスラム教徒に対する攻撃」を目論んでいたことが検察の調べで分かった。

また他の8人は同団体への武器供給や資金提供を行っており、捜索中に武器が数点発見されたと検察側は述べている。

ドイツ当局は近年、国内における極右勢力によるヘイトクライムの増加に神経を尖らせている。

昨年6月には、移民や難民擁護を公言していたヘッセン州カッセルのワルター・リュブケ知事が自宅で射殺され、SNSなどネット上には保守層から殺害を称賛する声が多数上がっていた。

さらに昨年10月はザクセン=アンハルト州のユダヤ礼拝所で襲撃事件が発生し、反ユダヤを声高に訴える27歳男が住民2人を殺害し逮捕されている。

 

おすすめ記事

  1. 男がブラックフェイスで出廷「俺を黒人みたいに扱いやがって」
  2. イギー・アゼリア、誹謗中傷に憤慨し息子の写真は公開しないと宣言
  3. ファッション誌史上「最も恐ろしい表紙」にジジ・ハディッドが挑戦!…
  4. 「酒が飲めなくてイライラした」 アルコール中毒の母親が息子を殺害…
  5. 医療施設の前で「コロナはデマ」と主張する集団に医師が苦言
  6. バイク運転手はトイレを使えない?ショッピングモールの「職種差別」…
  7. コモドドラゴンの深刻な密猟被害によりコモド島が封鎖される
  8. 誕生日ケーキの”男女別”デザインが性差別…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。