CULTURE

縁結びのパワースポット? ブナの木が出会いの場に

Source: Google MAP

ドイツ北部にある樹齢600年の巨大なブナの木が、100年以上もの間人々の出会いの場として親しまれているという。

その木は『花婿の木(Bräutigamseiche=トップ画像)』と呼ばれ、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の森林地帯『Dodauer Forst(ドダウアー・フォルスト)』にそびえ立つ。

そしてこの木の幹に空いている1つの穴には、なんと郵政公社に認められた住所が存在するのだ。

花婿の木に宛てたラブレターは国内のみならず世界中から届いており、中にある手紙は誰でも自由に読んだり返事を送ることも出来るようだ。

 

View this post on Instagram

A post shared by J ERRY FEINSTEIN (@perryfeinstein)

 

30年以上にわたり花婿の木の郵便業務を管理しているカール・ハインツ(Karl Heinz)さんは米メディア『Great Big Story』の取材に対し、同住所には1日に5、6通の手紙が届くと話す。

ハインツさんは既婚だが、なんと今の妻との出会いは花婿の木にあった彼宛の手紙が始まりだったという。テレビに出演したハインツさんのインタビューを視た女性が、自分の名刺を添えた手紙を花婿の木に送ったのだ。

現地メディアによると、ハインツさんのように花婿の木を通して結婚まで至ったカップルは「少なくとも5組いる」ことが分かっている。

グローバルでロマンチックな出会いを求めている方は、下記住所までラブレターを送ってみてはいかがだろうか?

Bräutigamseiche, Dodauer Forst, 23701 Eutin, Germany

 

おすすめ記事

  1. ホームレス男性を利用して募金詐欺 カップルに批判殺到
  2. 「イケメンだから減刑して」母子殺害の犯人を擁護?怒りの声続出
  3. 「スタッフの笑顔が見えない」と苦情殺到、CAのマスク着用を中止に…
  4. 「中国文化を侮辱している」 バレンシアガ、中国で再び炎上
  5. ラテアート世界大会チャンピオンの見事な作品に注目
  6. 習近平のポスターに墨汁をかけた女性が当局に拘束される
  7. アメリカでポピュラーなヘアスタイルを地域ごとにピックアップ!
  8. 「スペイン語を話すな」男性の無神経な発言に乗客が反撃

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。