NEWS

廃プラスチックが木材の代替品に?ベンチャー企業の挑戦

Source: Mike Chassie

プラスチックごみによる海洋汚染や埋立地不足の問題に世界が直面しているなか、カナダのベンチャー企業が廃プラスチックを建築材料として再活用させる試みを始めている。

東部ノバスコシア州の都市ハリファックスを拠点とする『Goodwood Plastic Products Ltd.』は、自治体が回収した廃プラスチックの約80%を建築などで使われる板材として再利用させていると、現地メディア『CBC』が報じた。

同社の製造するプラスチック製の板材は、性質が木製のものと変わらないことから、木材の代替品として期待が高まっている。

地元メディア『Information Morning』によると、ノバスコシア州議会の議員らは同社の取り組みに「非常に感謝している」と述べており、行き場を失っていた廃プラスチックの新規市場開拓に意欲的な姿勢を示しているという。

また最高経営責任者のダン・シャシー氏は今後の活動として、漁業で使われる漁網やロープなどの廃棄物を建築材料に再利用させるため、水産海洋省と協力して研究開発に着手していると語った。

 

おすすめ記事

  1. インド首都デリーの大気汚染、1日にタバコ44本分に匹敵
  2. EU最高裁判所が「家畜の非人道的な屠殺方法」を非難
  3. 環境保護団体がファッションショーの中止を要求
  4. パン屋が生活困窮者にベーカリーセットを支給
  5. ヨーロッパ横断旅行でブレグジット反対の軌跡を描くプロジェクトに挑…
  6. ゲイの81歳牧師が他界、全ての遺産が27歳夫に引き渡される
  7. 乳癌と診断された恋人との結婚を決意
  8. 親を亡くし1人で自活する10歳の男の子

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。