CRIME

宿題を忘れた罰?子供に物乞いをさせた父親に非難の声

Source: 看看新聞

中国の大都市上海にある駅のホームで、警察官が物乞いをしていた10歳の男の子を保護した。男の子は、宿題を忘れた罰として、父親に食べ物を恵んでもらうよう強制されていたという。

中国メディア『看看新聞』によると、午前4時45分頃に通報を受けた警察官が現場に駆け付けると、まだ幼い男の子が通行人の前に跪いて食べ物をねだっているのを発見した。

男の子は薄手のジャケット1枚だけを羽織っただけで、警官が到着する45分ほど前からその場で物乞いをしていたというのだ。

警察の調べによると、男の子が宿題を忘れていたと学校側が両親に伝え、それに怒った父親が出勤前にお椀だけを渡して「罰として物乞いをしろ」と彼に命令したという。

警察官は男の子を交番まで送り、彼に温かい飲み物とビスケットを与えた。その1時間後、連絡を受けた男の子の母親が交番に到着。警察官は彼女に「子供の自尊心を奪うことはやってはならない」と今後は物乞いをさせないように指南したという。

一方で母親の女性は、夫は何度も宿題を忘れる息子に我慢ならなくなったと弁明している。

本件は国内で注目を集め、10歳の子供に物乞いをさせた両親に対する批判の声が相次いだ。しかし、物乞いは過剰にしても「問題児を抱える父親」への同情の声も聞かされている。

 

おすすめ記事

  1. 酸攻撃の被害者男性 「殺された方がマシだ」と憤怒
  2. 婚前交渉に怒り? 男3人に脅迫され30代女性が飛び降り自殺か
  3. 大物司会者がメーガン妃を「わがままなクズ」と罵倒
  4. 桟橋の隙間に挟まっていた三毛猫を発見、人懐こい飼い猫と判明
  5. 野生動物の摂取・取引が禁止に?新型コロナ被害を受け
  6. 廃プラスチックが木材の代替品に?ベンチャー企業の挑戦
  7. アジア人女性を銃殺した犯人は「ついてなかった」? 警察の発言に非…
  8. ビーガンの代替肉に対抗?肉屋が「代替野菜」を販売

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。