ANIMALS

ミシガン州が家畜の平飼いを義務化

Source: Capri23auto/Pixabay

アメリカ中西部ミシガン州の議会が、鶏・子牛・豚などの家畜をケージ内で飼育することを禁止とする法案『Senate bill 174』を満場一致で可決させた。同国における家畜の平飼いの義務化は、カリフォルニア州やオレゴン州などに続きこれで5州目となった。

Senate bill 174は、ミシガン州議会が10年前に違法化させた「拘束範囲が極端に狭い家畜のケージ飼育」を更に厳罰化させたものだ。2024年12月までに全ての家畜をケージから解放させる必要があり、それ以降はケージ内で生産された卵の販売は違法となる。

この法案は家畜の病気予防など畜産における公衆衛生向上の促進を主な目的としており、生産者からも高く支持されているようだ。

新法案に署名したガーリン・ギルクリスト副知事は声明文にて「動物福祉と畜産農家の繁栄を同時に保護することによって、我が州は全国で最も高水準な規範があると示すことが出来る」と、議決の合理性を説いている。

同州の養鶏組合事務局長アリソン・ブリンク氏は、「現時点で既に、半数以上の生産者が平飼いへの移行に成功しています。平飼い卵の需要の高まりに応える準備は万全です」と述べ、ミシガン州議会が畜産農家の保護に協力的であることを称賛した。

近年欧米では、消費者の動物福祉への関心が高まっていることを受け、マクドナルドやウォルマートなど多くの食品企業がケージ飼い卵から平飼い卵への切り替えを発表している。一方で、畜産業界内からは反対の声も多数出ており、州議会は難しい判断を迫られている。

 

おすすめ記事

  1. 法律が障壁に?実母を惨殺した12歳男児を不起訴処分
  2. AIロボットが人事部長に? 管理職がロボットに奪われる時代到来か…
  3. インド系の女性を「黒人」と呼んだパン屋が謝罪を表明
  4. 大手スーパーで牛乳瓶が復活、年間4万本のペットボトルを削減
  5. 著名な右翼系美女タレントが銃賛成の広告をインスタグラムに投稿?
  6. 母親との濃厚キスは「文化」?人気歌手に批判が続出
  7. 最後のエボラ患者が退院、医療チームがお祝いのダンス
  8. 外出禁止令で家庭菜園の人気が急上昇中

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。