CRIME

「貴方に代わって相手に嫌がらせをします」新サービスが波紋を呼ぶ

Source: Javad Rajabzade/Pixabay

世界最大のオンラインモール『淘宝網(タオバオ)』で今年5月、常軌を逸したサービスの提供が開始された。その名も、『口論代行サービス』だ。

口論の代行とは、一体どんなサービスなのか。中国情報サイト『RADII』によると、「口論のプロ」と自負する人々が顧客の代わりに口頭で相手を攻撃するサービスだという。

支払い額や業者によってサービスの内容が変わり、ある者は40元(約600円)で数回の迷惑電話、100元(約1600円)だと「999回の呪いの電話」をかけると宣伝している。

相手に嫌がらせをする媒体は電話のみならず、メールやチャット機能も含まれている。更に、追加料金を払えば方言の使い分けにも対応できるようだ。

覆面捜査で発覚したサービス内容 Source: 紅星新聞

タオバオ上では、同サービスの検索ワードである「#口論代行」のインプレッション数が460万件を超えるほどの注目を集めた。

「相手を精神的に攻撃するために、プロを雇いませんか。その人が自分の人生について再考するようになるまでー」。

非常に暴力的な誘い文句を堂々と掲載しているようだが、果たして嫌がらせを請け負うサービスは合法なのだろうか。

中国メディア『紅星新聞』によると、北京に法律事務所を構える弁護士の周氏は「双方で売買契約が成立していても、サービス内容が迷惑行為など公共秩序を乱すものである」」と同サービスの違法性を指摘している。

また、ネットユーザーのなかには同サービスに対して懐疑的な意見を持つ人達も多数おり、「相手の顔が見えない場での口論は無意味だ」との声も出ている。

 

 

 

 

おすすめ記事

  1. ニキビ肌を馬鹿にされたケンダル・ジェンナーが批判をぶった切る!
  2. 政府が顔合成技術「DeepFake」の違法化を検討
  3. イギリスの保健省大臣、同僚との濃厚キスをスクープされ辞任
  4. 清楚系女優ナタリー・ポートマンがビキニ姿のジェシカ・シンプソンに…
  5. トランプ支持者は食事が無料? レストランの思いとは
  6. 生薬の需要増加でロバの乱獲と密輸が懸念される
  7. H&Mがまたもや差別的商品を販売しネットを炎上させる
  8. 国会議員がヒトラーのコスプレをしてモディ首相に抗議!

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。