HOT

アパートの窓に巨大な広告が 「光が入らない」とクレーム殺到

Source: alexforhackney/Instagram

イギリスの首都ロンドン北東部ダルストンにある賃貸アパートに、窓を覆うほど巨大なiPhone 11の広告が出現した。影響を受けた居住人からのクレームが相次ぎ、注目を集めている。

移民の街ダルストンの大きな交差点に面した、築150年以上という古いアパート『Crown & Castle』には現在、17部屋に賃貸契約がされている。

しかし、大家が不動産会社『Buckingham Investments LTD』からの広告掲載依頼を居住者の承認なしに受理したため、6部屋が外の景色と自然光を遮断されてしまったのだ。

毎月の家賃10万円という住人の1人であるアフマド・メジュードさんは、イギリスメディア『The Sun』の取材に対し以下のように抗議の声を上げている。

「どういうことなのか大家に話をしたが、嫌なら出ていけと言われたよ」

「誰からも謝罪の言葉がないんだ。光も、太陽も、景色も全てが見えなくなった」

広告がない時の外観 Source: Google Maps

さらにメジュードさんは、同地区役所は事態を把握しているものの「大家はアパートの所有者なので、我々は何も出来ない」と対応を拒絶されたという。

同メディアによると、Buckingham Investment LTDは類似のケースで裁判を起こされた経歴があり、裁判所は違法との判決を下している。その時も、このアパートで広告を掲載していたようだ。

広告掲載のみならず、同アパートは窓枠が腐敗していたりアルコール中毒や薬物中毒の居住者がいるなど、「荒れ果てている状態だ」との指摘も出ている。

 

おすすめ記事

  1. インスタグラマーが豆電球を機内に持ち込み批判が殺到
  2. 強力接着剤を頭髪にスプレーした女性に義援金250万円が集まる
  3. 父親にネットゲームを強制終了され逆上した15歳少年、誕生日の夜に…
  4. トランプ支持者の父親をFBIに密告、18歳少年に賞賛の声が続出
  5. 今年はぱっつん前髪が流行るかも?海外セレブが続々とイメチェン
  6. 絶滅危惧種のアオウミガメを食肉用で販売 セブ島の店員らを逮捕
  7. イギリス人は妊婦が電車内で立っていたら席を譲るのか?ブロガーが実…
  8. ヘンリー王子がSNS改革を要求、誤情報やヘイト扇動による社会分断…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。