NEWS

芸人が身体障碍の娘を笑いのネタに?母親が抗議の声を上げる

Source: Instagram

イギリスの人気コメディアンであるラッセル・ハワード氏(トップ画像右)が、テレビ番組で障碍者用の傾斜路が設置された家を笑いのネタにし、所有者の女性が抗議の声を上げた。

スコットランド北部ウェスト・ダンバートンシャーに住むクレア・ラリーさん(トップ画像左)の12歳になる娘は、身体に重い障碍を持つため車椅子での生活を強いられている。そこで、娘が安全に玄関から外へ出られるように、地元市議会の協力を下に約20mにも及ぶ傾斜路(画像下)を自宅前に設置したという。

しかしラリーさんは、4万ポンド(約560万円)という高額な工費をかけて作られたこの傾斜路をハワード氏がテレビで晒し上げて笑い物にした光景を目の当たりにし、「最悪の気分よ」と不満を露わにした。

Source: Mark SutherlandHEMEDIA

「もし家に財布を忘れたら大変だな」

「これのメリットは宗教の勧誘が来なくなることくらいだな」

障碍者用の傾斜路をネタに、数々のジョークを披露して観客を笑わせたハワード氏。

自宅の傾斜路が近所の子供達にスケートボート場として使われることがあると訴えるラリーさんは、自身のツイッターで障碍を持つ娘について説明し、「あなたがもし、他人を笑い物にして生計を立てているというのなら、恥を知るべきよ。彼のジョークに笑った人達も全員ね」とハワード氏を強く非難した。

イギリスメディア『Daily Mail』によると、ハワード氏のテレビ番組『The Russel Howard Hour』の広報担当者は「ラリー家と面談した」と述べ、「彼女の要望を尊重し、これ以上本件についてコメントすることは避ける」との声明を出している。また同番組は、この機会を用いて国内における障碍者用バリアフリーが不足している問題を露呈させたいと語った。

ラリーさんは2012年、介護現場における政策形成のアドバイザーとして、イギリス労働党の政策立案機関に採用されている。

 

おすすめ記事

  1. 友人からの行き過ぎた”儀式”を受け、新郎…
  2. 生徒が匿名で精神状態を伝える”チャート”…
  3. アジア系の写真家がコロナショックをアートで表現
  4. バナナアレルギーの教師が生徒にバナナを投げ付けられ重傷
  5. 女優ガル・ガドットが「身体障害差別主義者」とネット上で非難される…
  6. 一族で初めての学士取得、移民2世の娘が両親とピーマン畑で記念撮影…
  7. 41歳の男性が11歳の少女と結婚し物議を醸す
  8. 「最も美しいアメリカ海兵隊」シャノン・イークとは

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。