NEWS

フランス人女性、「フランス語力が不十分」で永住権を得られず

Source: @quebeccite/Instagram

カナダのフランス語圏ケベック州での永住権取得を申請していたフランス人女性が、当局から「フランス語のスキルが基準に満たない」として申請を拒絶されたことが分かった。

2012年にフランスから同州ケベック市にあるラヴァル大学へ進学した31歳のエミリー・デュボワさんは、グラフィックデザインの博士課程で起業し、現在は小規模のデザイン会社を経営しているという。

博士論文の執筆も完了し、カナダ政府認定のフランス語検定も受けたデュボスさんは、ケベック市に居住するため州政府に永住権取得を申請した。フランス語が母国語であり同州に5年以上住んでいたという状況から取得は比較的容易かと思われたが、後日デュボスさんは当局から申請の受け入れ拒否を通達されたのだ。

カナダメディア『National Post』によると、当局は申請拒否理由として「論文の序論が英語で書かれていた」「博士課程をフランス語で受けていない」ことを挙げているという。

本件はフランス国内で大きな注目を集め、デュボスさんは「突然、雪崩が頭上に落下したような気分だわ。それも、原因が全く分からない状態よ」と現地メディア『Radio Canada』の取材に答えた。

ケベック州議員のクリストファー・スキート氏は騒動を受け、「審査結果を再検査している」と公式ツイッターを通して発言している。

関連記事

  1. 33歳独身の息子のために両親が求愛ソングを作曲
  2. トランプ支持者の企業CEOが国会議事堂襲撃で逮捕される
  3. ヘアカットに満足せず美容院に2年間も嫌がらせ行為
  4. パリの全裸レストランが”人気不足”で閉店…
  5. 博士課程の26歳女性が自殺 虐めと鬱病が原因か
  6. タイで観光客が「落し物を拾っただけ」で逮捕される?
  7. 映画『ムーラン』のボイコット運動がタイでも拡大
  8. 「娘の処女膜を確認している」?人気ラッパーの発言が波紋を呼ぶ

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。