NEWS

フランス人女性、「フランス語力が不十分」で永住権を得られず

Source: @quebeccite/Instagram

カナダのフランス語圏ケベック州での永住権取得を申請していたフランス人女性が、当局から「フランス語のスキルが基準に満たない」として申請を拒絶されたことが分かった。

2012年にフランスから同州ケベック市にあるラヴァル大学へ進学した31歳のエミリー・デュボワさんは、グラフィックデザインの博士課程で起業し、現在は小規模のデザイン会社を経営しているという。

博士論文の執筆も完了し、カナダ政府認定のフランス語検定も受けたデュボスさんは、ケベック市に居住するため州政府に永住権取得を申請した。フランス語が母国語であり同州に5年以上住んでいたという状況から取得は比較的容易かと思われたが、後日デュボスさんは当局から申請の受け入れ拒否を通達されたのだ。

カナダメディア『National Post』によると、当局は申請拒否理由として「論文の序論が英語で書かれていた」「博士課程をフランス語で受けていない」ことを挙げているという。

本件はフランス国内で大きな注目を集め、デュボスさんは「突然、雪崩が頭上に落下したような気分だわ。それも、原因が全く分からない状態よ」と現地メディア『Radio Canada』の取材に答えた。

ケベック州議員のクリストファー・スキート氏は騒動を受け、「審査結果を再検査している」と公式ツイッターを通して発言している。

 

おすすめ記事

  1. セレブ達の仮装パーティが今年も凄い
  2. 「コロナ逆輸入」で外国人嫌悪が広がる
  3. Huluが黒人差別を懸念、人気ドラマの配信を停止
  4. 旅行中のカナダ人女性に暴行、現地の男を逮捕
  5. 「売春婦」「肥満女」ネット上で生徒を罵倒、43歳男性教員を解雇
  6. 「コロナの感染方法よ!」 歌手が地面や手すりを舐める
  7. 「白人の命も大切」デモが全米各地で開催、参加者が少なすぎてキャン…
  8. セリーナ・ウィリアムズが審判の判断を「性差別だ」と批判

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。