NEWS

「スペイン語を話すな」男性の無神経な発言に乗客が反撃

Source: Free-Photos/Pixabay

航空機内に居合わせた男性から「スペイン語を話すのはやめてくれないか」と言われた女性を庇おうと、他の乗客と客室乗務員の痛快な反撃が話題を呼んでいる。

今年7月、ニューヨーク行きのフライトに搭乗していた作家のジェイム・プリマクさんは突然、面識のない乗客の男性から声を掛けられ、「スペイン語を話すのはやめてほしい」と言われたという。プリマクさんによると、男性は「早朝のフライトだから」を理由としていたようだ。しかし、彼の発言が差別意識のあるヘイトスピーチであることに変わりはない。

すると、男性の隣に座っていた別の乗客がスペイン語で話し出し、さらに客室乗務員までスペイン語で会話を始めたのだ。

彼女がその時の様子をツイッターで共用したところ、大きな反響を巻き起こした。

「こんなに踊り出したいと思ったのは人生で初めてよ!」

周囲からの意図していなかった援護に、歓喜の思いを綴ったプリマクさん。そして、彼女のツイートには、男性客の前で気にせずスペイン語を話した乗客と客室乗務員に対する称賛の声が続出した。

一方、差別的な発言への怒りを表する人も多数おり、プリマクさんに男性客の名前や顔と航空会社名を聞く人が相次いだ。しかしプリマクさんは「その人と会社にも悪いわ。キャンセルカルチャー(不祥事等を理由に人のキャリアを壊すことを目的とした活動)も好きじゃないの」と、彼らの要望を拒否している。

 

おすすめ記事

  1. 中国の正統派美女、張辛苑とは?
  2. 「自分を取り戻すため」妻との離婚を決意したゲイのモルモン教徒
  3. バイデン夫人は「博士と名乗るに値しない」? 大手紙の論説が話題
  4. 9歳男児の臓器移植で7人の命が救われる
  5. トイレットペーパーを巡り乱闘騒ぎに 母娘を逮捕
  6. 「足が太すぎる」演劇学校から入学拒否された美女モデル、過去の苦悩…
  7. 人気ドラマで反差別を訴えるエピソードを放映、保守層からは批判の声…
  8. 妊娠・出産した「男性」、父親として認められず

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。