NEWS

「スペイン語を話すな」男性の無神経な発言に乗客が反撃

Source: Free-Photos/Pixabay

航空機内に居合わせた男性から「スペイン語を話すのはやめてくれないか」と言われた女性を庇おうと、他の乗客と客室乗務員の痛快な反撃が話題を呼んでいる。

今年7月、ニューヨーク行きのフライトに搭乗していた作家のジェイム・プリマクさんは突然、面識のない乗客の男性から声を掛けられ、「スペイン語を話すのはやめてほしい」と言われたという。プリマクさんによると、男性は「早朝のフライトだから」を理由としていたようだ。しかし、彼の発言が差別意識のあるヘイトスピーチであることに変わりはない。

すると、男性の隣に座っていた別の乗客がスペイン語で話し出し、さらに客室乗務員までスペイン語で会話を始めたのだ。

彼女がその時の様子をツイッターで共用したところ、大きな反響を巻き起こした。

「こんなに踊り出したいと思ったのは人生で初めてよ!」

周囲からの意図していなかった援護に、歓喜の思いを綴ったプリマクさん。そして、彼女のツイートには、男性客の前で気にせずスペイン語を話した乗客と客室乗務員に対する称賛の声が続出した。

一方、差別的な発言への怒りを表する人も多数おり、プリマクさんに男性客の名前や顔と航空会社名を聞く人が相次いだ。しかしプリマクさんは「その人と会社にも悪いわ。キャンセルカルチャー(不祥事等を理由に人のキャリアを壊すことを目的とした活動)も好きじゃないの」と、彼らの要望を拒否している。

 

おすすめ記事

  1. 都市封鎖でペンギンが自由気ままに道端をお散歩
  2. 食事はお粥と唐辛子のみ 24歳女性が栄養失調で死亡
  3. 現在も台湾と国交のある17カ国を旅するインスタグラマーが話題に
  4. 仮釈放中に11人を監禁・強姦した34歳男を再逮捕
  5. 口コミサイトに誹謗中傷、名誉棄損で投稿者が逮捕される
  6. アジア系の家族を侮辱し炎上したIT企業CEOが辞職
  7. バス運転手が勤務中に自殺、乗客を巻き込み21人が死亡
  8. 「ファーストクラス風」の撮影スタジオ、インフルエンサー達に人気

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。