NEWS

「スペイン語を話すな」男性の無神経な発言に乗客が反撃

Source: Free-Photos/Pixabay

航空機内に居合わせた男性から「スペイン語を話すのはやめてくれないか」と言われた女性を庇おうと、他の乗客と客室乗務員の痛快な反撃が話題を呼んでいる。

今年7月、ニューヨーク行きのフライトに搭乗していた作家のジェイム・プリマクさんは突然、面識のない乗客の男性から声を掛けられ、「スペイン語を話すのはやめてほしい」と言われたという。プリマクさんによると、男性は「早朝のフライトだから」を理由としていたようだ。しかし、彼の発言が差別意識のあるヘイトスピーチであることに変わりはない。

すると、男性の隣に座っていた別の乗客がスペイン語で話し出し、さらに客室乗務員までスペイン語で会話を始めたのだ。

彼女がその時の様子をツイッターで共用したところ、大きな反響を巻き起こした。

「こんなに踊り出したいと思ったのは人生で初めてよ!」

周囲からの意図していなかった援護に、歓喜の思いを綴ったプリマクさん。そして、彼女のツイートには、男性客の前で気にせずスペイン語を話した乗客と客室乗務員に対する称賛の声が続出した。

一方、差別的な発言への怒りを表する人も多数おり、プリマクさんに男性客の名前や顔と航空会社名を聞く人が相次いだ。しかしプリマクさんは「その人と会社にも悪いわ。キャンセルカルチャー(不祥事等を理由に人のキャリアを壊すことを目的とした活動)も好きじゃないの」と、彼らの要望を拒否している。

 

おすすめ記事

  1. 消防士が17歳少女に噛み付かれる 4針縫う大怪我
  2. トランプ大統領の娘がリベラル色の強いゲイ・パレードに参加
  3. ボストン警察が愛する野良猫に豪邸をプレゼント
  4. 野党議員が女性政治家の「下着の色」に言及し非難が殺到
  5. 「マックを持ってきてほしい」5歳の男の子が911番へ電話 警察官…
  6. アンバー・ローズ、6歳息子への性教育を徹底していると告白
  7. 男らしさ=暴力的?カミソリ会社の広告が波紋を呼ぶ
  8. ポケモンGOで体重65kgの減量に成功した25歳男性

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。