HOT

妊娠・出産した「男性」、父親として認められず

Source: seahorsefilm.com, BBC

イギリスの高等法院が、自身の子供を妊娠・出産したトランスジェンダーの男性を父親として認めず、出生証明書上では母親として登録するという判断を下した。

女性として生まれたフレディー・マコーネル(トップ画像)氏は、25歳の時に男性ホルモンの投与を始め、2017年に性別変更手続きを終えて合法的に男性となった。

そして2018年、不妊症で悩むパートナーの代わりとなり、男性ホルモンの投与を中断して精子バンクを利用した代理出産を担ったという。

 

Source: BBC

しかしその後、戸籍係から「イギリスの法律上、出産をした人は母親として登録される」と伝えられ、納得のいかなかったマコーネルさんは裁判を起こしたのだ。

アメリカメディア『CNN』によると、高等法院家族課のアンドリュー・マクファーレン裁判長は判決時、戸籍上の性別が何であろうと、妊娠・出産を経験した人が母親として認識されると断言している。

マコーネルさんは自身のツイッターにて、以下のように声明を出している。

 

 

「トランスジェンダーの男性を父親として認めない判決は、とても悲しく思います。 この決断が多くの家族に不安を抱かせるのではないかと、恐れています。私は上訴するつもりです。これから暫くの間は、インタビューも控えさせていただきます」

CNNによると、判事は今回のケースを「公益に関係する重要事項」であると話している。そして、イギリス議会は妊娠・出産を経験したトランスジェンダーの男性の立場について、早急に議論を展開しなければならないと述べた。

 

おすすめ記事

  1. 男性がリベンジ・ポルノの被害者に 29歳女を逮捕
  2. 生徒が匿名で精神状態を伝える”チャート”…
  3. ミネアポリス暴動で破壊された街を立て直す市民達
  4. 男子留学生1人に複数の若い女性?大学の新制度に批判が相次ぐ
  5. 保守系ライターが極左団体から暴行を受ける
  6. 野良猫の世話をするアルバイトに応募が殺到!
  7. 市民の実名とIDをネットに公開?監視社会の弊害が露呈
  8. 「同性愛は罪」と唱える牧師の前で濃厚キス

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。