ANIMALS

野良猫が弁護士会の職員として採用される?その理由とは

Source: Dr. Leon, O Advogato/Instagram

南米ブラジルの弁護士会が、番犬ならぬ「番猫」を職員として受け入れたというニュースが世界中で話題を集めている。

香港の情報サイト『9GAG』によると、に、ある日1匹の野良猫が雨露を凌ぐために、ブラジル弁護士会『Order of Attorneys of BrazilOAB)』のアマパー州オフィスの中に入ってきた。しかし、それ以降も猫はオフィスを離れることはせず、受付付近に住み着くようになったという。

オフィスの職員らは猫を追い払うことはしなかったが、来客数名からのクレームが発生し対応に迫られる事態に。

そこで同会の役員らが考え出したアイデアが、「野良猫を社員として受け入れる」という常識破りな解決策だったのだ。

 

 

Dr. Leon Advogato(レオン先生 弁護士)」という写真付きのネームカードを掲げ、野良から弁護士会の職員に見事様変わりしたシャム猫。

こうしてレオンは、「Vigia Da OABOABの番猫)」という職名を与えられ、受付で来客を招き入れる仕事を請け負うこととなった。

 

 

スーツやネクタイなど猫用のものを恰好良く身に着け、かつて忌み嫌われていたレオンは一躍オフィスのアイドルとなったのだ。

ブラジル弁護士会はレオンの公式インスタグラムを通し、国内における動物愛護法の罰則強化を目指す広報活動に注力している。

 

おすすめ記事

  1. 銅像の「巨大な陰部」に男性客が憤慨、ネットでは賛否両論
  2. 「あつ森」で千と千尋の神隠しの世界観を表現
  3. トランプ前大統領の息子、移住先の住民から毛嫌いされる?
  4. 紛失した婚約指輪をニューヨーク市警が発見 SNSで持ち主捜索に…
  5. シンガポールの好立地に家賃4万円の物件が登場、その理由とは
  6. エルパソ銃乱射事件 白人至上主義をテロ集団認定せよとの声
  7. 父親主催「娘婿選抜オーディション」が2日で中止に?応募者の1人は…
  8. 保守系ライターが極左団体から暴行を受ける

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。