ANIMALS

野良猫が弁護士会の職員として採用される?その理由とは

Source: Dr. Leon, O Advogato/Instagram

南米ブラジルの弁護士会が、番犬ならぬ「番猫」を職員として受け入れたというニュースが世界中で話題を集めている。

香港の情報サイト『9GAG』によると、に、ある日1匹の野良猫が雨露を凌ぐために、ブラジル弁護士会『Order of Attorneys of BrazilOAB)』のアマパー州オフィスの中に入ってきた。しかし、それ以降も猫はオフィスを離れることはせず、受付付近に住み着くようになったという。

オフィスの職員らは猫を追い払うことはしなかったが、来客数名からのクレームが発生し対応に迫られる事態に。

そこで同会の役員らが考え出したアイデアが、「野良猫を社員として受け入れる」という常識破りな解決策だったのだ。

 

 

Dr. Leon Advogato(レオン先生 弁護士)」という写真付きのネームカードを掲げ、野良から弁護士会の職員に見事様変わりしたシャム猫。

こうしてレオンは、「Vigia Da OABOABの番猫)」という職名を与えられ、受付で来客を招き入れる仕事を請け負うこととなった。

 

 

スーツやネクタイなど猫用のものを恰好良く身に着け、かつて忌み嫌われていたレオンは一躍オフィスのアイドルとなったのだ。

ブラジル弁護士会はレオンの公式インスタグラムを通し、国内における動物愛護法の罰則強化を目指す広報活動に注力している。

 

おすすめ記事

  1. 航空機内の男性客が女性CAに「俺の尻を拭くんだ」と強要
  2. 親を亡くし1人で自活する10歳の男の子
  3. 防水スニーカーブランドが医療施設に靴とマスクを寄贈
  4. 「売春婦」「肥満女」ネット上で生徒を罵倒、43歳男性教員を解雇
  5. 人権大臣、アナと雪の女王は「子供達をゲイにさせる」と主張
  6. アジア系の男性、黒人蔑視発言で会社から契約を打ち切られる
  7. 老いた警察犬を世話する「老犬ホーム」がインドに誕生
  8. コロナ差別でアジア人留学生が現地学生と大喧嘩に

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。