NEWS

カンニング対策に段ボールを被らせる?親達が教師に激怒

Source: Diario de Hidalgo/Facebook

メキシコ中部トラスカラ州にある学校の教師が、テスト中のカンニング対策として生徒全員に段ボールを被せたとして、強い非難の嵐に見舞われている。

メキシコの英字メディア『Mexico News Daily(以下、MND)』によると、倫理学の教師が提案したカンニング防止策は「生徒の尊厳を軽視し、人権侵害だ」と、同クラスの親達がSNSを通して抗議文を投稿し、問題が拡散されたという。

「私達は、生徒に対する侮辱、冷遇、身体的そして精神的な苦痛を与えることに断固抗議します」

糾弾を受けた学校側は公式Facebookで謝罪し、段ボールを被ることは生徒達からの同意を得た上で行ったと釈明した。さらに、この処置は「生徒の精神力を鍛えるもの」などと述べている。

しかし、学校の謝罪声明に納得のいかなかった親達は、教師を免職させるよう要請。そして1週間後、学校は教師を停職処分にしたと発表した。

 

おすすめ記事

  1. 新婚夫婦が入院中の父のために病室で結婚式を挙げる
  2. 筋力低下に苦しむ同級生の為に、6年間”おんぶ”で介助をする男の子…
  3. 「内戦を目論んだ」疑いで極右団体メンバー12人を拘束
  4. セクハラ容疑で停職処分を受けたBBC司会者が辞職 調査不足で冤罪…
  5. クリスマスに仕事の入ったCAの娘と一緒に過ごすため、父親が搭乗券…
  6. 可愛すぎる!ペットのキツネの写真を投稿するインスタアカウント
  7. 「盗まれた芸術品」に黒人モデルを起用したブランドが炎上
  8. 若者の間で20年間続く漢服ブーム

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。