CRIME

アジア系の白人至上主義者を逮捕 「ヒスパニック共は皆殺しだ」

Source: Heavy.com via NextShark

アメリカ東部メリーランド州出身の中国系アメリカ人の男が、数か月間にわたりヒスパニックの女性を脅迫していた疑いで逮捕・起訴された。

複数の現地メディアによると、逮捕された35歳のエリック・リン(トップ画像)容疑者は、フェイスブックで「Jake Howard(ジェイク・ホーワード)」や「Eric A Schopenhauer(エリック・A・ショーペンハウアー)」という複数のアカウントを利用し、被害者女性に150通にも及ぶ脅迫文を送り続けたという。

その中で彷彿とさせるリン容疑者の人物像は、アドルフ・ヒトラーを神として拝み、非白人を敵視する白人至上主義者の姿だった。

リン容疑者から送られた脅迫文には、「神とヒトラーの名の下に、俺はお前達スペイン人とヒスパニック共を全員不法移民とみなす」「お前ら無能なラテン共が全員消えるまで、俺は絶対に活動を止めない」「お前の心臓をえぐり取り、ステーキのように食ってやる」など非常に卑劣な表現で、被害者女性とヒスパニック系の人々を罵っていたという。

更にリン容疑者の敵意はヒスパニック系のみならず、黒人・イスラム教徒・ユダヤ教徒にも向けられ、彼らを「浄化させる」などと発言していた。

被害者女性は、送り主が自身の勤めているレストランの常連客だったリン容疑者ではないかと推測し、警察に通報することを決意。

脅迫罪の疑いで逮捕状が発行されたリン容疑者は、住居先の北西部ワシントン州シアトルにて身柄を拘束された。

その後の調査でリン容疑者は、クリスと名乗る人物に被害者女性を誘拐してシアトルまで身柄を送ってほしいという報酬付きの依頼をしていたことが分かった。

 

おすすめ記事

  1. 20歳のシリア人ラッパー、祖国を戦場に利用する勢力を批判
  2. 車の衝突実験に生きた豚を使用した研究所に批判が殺到
  3. 美人社交家が「裕福な男性に好かれる方法」を伝授
  4. マッサージ店と偽り売春宿を経営していた47歳女を逮捕
  5. 植物状態の患者への安楽死を巡り国連委員会と親族が対立
  6. インド首都デリーの大気汚染、1日にタバコ44本分に匹敵
  7. クアラルンプールの”美しすぎる夜景”に驚きの声が続出
  8. 新型コロナに感染か 老夫婦が最期の面会

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。