ANIMALS

動物園の高齢サイに落書きが カップルに批判が殺到

Source: Royan News/Facebook

フランス南西部シャラント=マリティーム県にあるパルミール動物園で、カップルとみられる客2人が自身の名前をサイの背中に落書きし、国内で大きな批判を呼んだ。

35歳という高齢サイの背中の両脇に「Camille(カミーユ)」「Julien(ジュリアン)」と爪で引っ掻いたような落書きが書かれていたのを園内スタッフが発見し、パルミール動物園は犯人に対する抗議声明文をメディアに公表した。

落書きはサイの皮膚上にある埃や砂などをなぞる様に書かれていたこともあり、除去作業は簡単に済ませることができたという。

パルミール動物園は抗議声明の中で「無礼な愚行に、我々は非常に憤りを感じている」と怒りを露わにしつつ、犯人への刑事告訴はしないとの意向を示している。

一方で、パルミール動物園では園内に監視カメラが無く、さらに動物が柵に接近した時は触れても問題ないとされており、こうした手緩いルールに対する指摘が相次いでいる。

 

おすすめ記事

  1. 使用済みコンドームが用水路に大量発生 都内ホテルを摘発
  2. イギー・アゼリア、誹謗中傷に憤慨し息子の写真は公開しないと宣言
  3. アジア系女優が「ハローキティみたいに演じて」と指示される
  4. 駅のホームで押され29歳男性が死亡 少年2人を逮捕
  5. ヨーロッパ横断旅行でブレグジット反対の軌跡を描くプロジェクトに挑…
  6. GUCCIの商品が「ブラックフェイスを揶揄している」と批判が殺到…
  7. おもちゃに性別は関係ない?商品を男女別に分ける風潮に不満の声続出…
  8. バス運転手が勤務中に自殺、乗客を巻き込み21人が死亡

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。