ANIMALS

動物園の高齢サイに落書きが カップルに批判が殺到

Source: Royan News/Facebook

フランス南西部シャラント=マリティーム県にあるパルミール動物園で、カップルとみられる客2人が自身の名前をサイの背中に落書きし、国内で大きな批判を呼んだ。

35歳という高齢サイの背中の両脇に「Camille(カミーユ)」「Julien(ジュリアン)」と爪で引っ掻いたような落書きが書かれていたのを園内スタッフが発見し、パルミール動物園は犯人に対する抗議声明文をメディアに公表した。

落書きはサイの皮膚上にある埃や砂などをなぞる様に書かれていたこともあり、除去作業は簡単に済ませることができたという。

パルミール動物園は抗議声明の中で「無礼な愚行に、我々は非常に憤りを感じている」と怒りを露わにしつつ、犯人への刑事告訴はしないとの意向を示している。

一方で、パルミール動物園では園内に監視カメラが無く、さらに動物が柵に接近した時は触れても問題ないとされており、こうした手緩いルールに対する指摘が相次いでいる。

 

おすすめ記事

  1. 41歳の男性が11歳の少女と結婚し物議を醸す
  2. トランスジェンダーの女性が地方議会議員に選出
  3. 「中国が我が国を汚染させた」 選挙広告が波紋を呼ぶ
  4. Spotifyが「ペット向けプレイリスト」を作成
  5. トランプ大統領の娘がリベラル色の強いゲイ・パレードに参加
  6. 「あつ森」で千と千尋の神隠しの世界観を表現
  7. イギー・アゼリア、誹謗中傷に憤慨し息子の写真は公開しないと宣言
  8. 中国系の店員に「猫のフライはないか」と聞く動画が人種差別的だと批…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。