NEWS

中華航空の新CMが「旅のリアルを描いている」と話題に

Source: China Airlines/YouTube

台湾を代表する航空会社『チャイナエアライン(中華航空)』の公開した新しい長編コマーシャルが話題を呼んでいる。

#WhatTravelBringsYou(旅があなたに与えるもの)」というテーマを基に作られたコマーシャルでは、海外の様々な都市を訪れた人々が帰国後に旅先から「持ち帰ったもの」を映し出している。

北海道から帰国した男性は片足を骨折してしまったが、折れたスノーボードを自宅の壁に掲げて笑顔を見せた。バンコクから帰国した女性は、太ったお腹に不満な顔を見せるも、それは現地で美味しいものをたくさん食べられたからだろう。

ニューヨークでお洒落な服や靴を爆買いした女性は、カードの請求書を眺めながら涙した。更に、ある女性は結婚指輪を嬉しそうに見せながら、隣にはローマ旅行中にプロポーズしたであろう夫の姿があった。

帰国した旅行者の多種多様なストーリーの中で特に視聴者の注目を集めたのは、韓国旅行中に美容整形手術をした女性が警察官に呼び止められてしまうシーンだ。

614日に公式YouTubeチャンネルで公開されて以来、既に600万回再生(原語版)を超えている同コマーシャルは、ブラックジョーク的な面が含まれているものの、「旅行のリアルを描いている」として高い人気を博している。

動画を観たユーザーからは称賛の声が多数送られており、中には「航空会社がようやくアジア人出演者が中心のCMを作ってくれた」と語る人もいた。

チャイナエアラインのヤ=メイ・ロー副社長は公式声明文にて、本テーマである「#WhatTravelBringsYou」の意義をこう語っている。

「心身共にリラックスするには、休暇を取ることが最善の道です。素晴らしい思い出を作ることだってできます」「チャイナエアラインの提供する新しいブランド・コンセプト”#WhatTravelBringsYou”は、どんなに多忙を極めていてもリラックスする時間が必要であることに気が付いてもらうため企画されました。旅行に出かけることで、予想していなかったような特別なお土産を持ち帰ることができるかもしれません」

 

おすすめ記事

  1. クリス・ブラウンが強姦罪で告訴される? 本人は強く否定
  2. 人気歌手デミ・ロヴァートが薬物乱用で意識不明の重体
  3. エマ・ワトソンが国内初のセクハラ相談窓口に寄付金を支出
  4. ゾウの子供が過労で倒れ込む?「象乗り」に対する批判の声が高まる
  5. 母親との約束を果たすため、幼い息子達が標高3952mを登頂
  6. リクライニングに激怒?男性客が前の席を何度も叩く
  7. 「黒人は落ち着きなさいよ」 元ミスコン勝者の発言が物議を醸す
  8. 停止してくれた車に深くお辞儀をした男の子が話題に

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。