CRIME

指名手配犯、タイ人妻との写真がSNSで拡散され逮捕される

Source: หนังสือพิมพ์ สยามชน/Facebook

タイ北東部コーラート県で2日、国際指名手配されていた34歳のドイツ国籍の男が逮捕された。2017年から約3年にわたり同国で潜伏していたが、男は意外な形で身柄を拘束された。

窃盗罪と麻薬取締法違反、そして児童ポルノ法違反の疑いで国際刑事警察機構から逮捕状が出ていたマクシミリアン・ファーンセブナー(トップ画像左)容疑者は2017年、タイへの不法入国に成功し、妻の故郷である同県パークチョン郡で数年暮らしていたとタイの英字メディア『Bangkok Post』は報じている。

しかし今年3月、容疑者と妻のパワニーさんが同郡の路上で串焼きを販売していたところを地元民に撮影され、その写真がタイのSNSで拡散されたのだ。

ฮือฮาฝรั่งชาวเยอรมันช่วยภรรยาชาวไทยขายไก่ปิ้งริมถนน ที่ปากช่อง ฝรั่งชาวต่างชาติรายนี้ชื่อชื่อมิสเตอร์แม๊กซ์…

หนังสือพิมพ์ สยามชนさんの投稿 2019年5月15日水曜日

 

アメリカのオンラインメディア『NextShark』によると、パワニーさんの母親が病気で寝込んでいたため、代わりに夫婦で露店営業を引き継いでいたことがネットユーザーの心を掴み、投稿は拡散されたという。見慣れない外国人男性に興味を持ったユーザーら数人により、「この優しい外国人は何者なのか」との問い合わせが当局に殺到した。

そして、連絡を受けた当局が公開されていた男の名前を辿り、ドイツ大使館に調査を依頼したことで事態が発覚したのだ。ファーンセブナー容疑者は不法入国していたためタイ当局のデータに登録がなく、国内に潜伏していたことを把握出来ていなかったと説明している。

その後容疑者は約1ヶ月にわたり逃亡を続けていたが、容疑者の母親から「息子はドイツ大使館にのみ出頭する、タイ警察は退陣するように」との連絡が入ったとドイツ大使館から報告を受けたという。

タイ当局はこの容貌に応じ容疑者をドイツへ送還させ、現在は拘置所で裁判を控えている。

 

 

おすすめ記事

  1. リクライニングに激怒?男性客が前の席を何度も叩く
  2. アジア系を「黄色い人」と呼んだ黒人女性に批判が殺到
  3. 娘の”キラキラネーム”を揶揄われた母親が反撃に出る
  4. 客に人種差別の濡れ衣を着せた従業員が解雇に
  5. ヒップホップ界の女王が遂にカーディ・Bをディスる!?
  6. 「テンションの低い返信」はNG?ネット上で大論争
  7. 自分でバスに乗って外出する犬が話題に
  8. 住処を追われた「神の化身」 野生の猿による襲撃事件が多発

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。