ANIMALS

絶滅危惧種のアオウミガメを食肉用で販売 セブ島の店員らを逮捕

Source: Pexels/Belle Co

フィリピンの人気リゾート地セブ島で先月、絶滅危惧種に指定されているアオウミガメを食用として販売していた売場の従業員5人が逮捕された。

フィリピンの英字メディア『The Philippine Daily Inquirer』が伝えた。

Source: The Philippine Daily Inquirer

屠殺されたアオウミガメのうち1頭には生態系保全用のタグが付いており、そこに記録されている情報によれば、マレーシアで保護された後に海へ帰されるも、フィリピンまで回遊した時に地元漁師らによって捕獲されたと見られている。

フィリピン国家警察と環境省の出した声明文によれば、アオウミガメはセブ島にあるバジル(Pasil)魚市場で発見された。この地域では精力剤としてアオウミガメを食す文化が根付いており、絶滅危惧種に指定された動物の密輸が後を絶たないという。

関連記事

  1. 繋がった太い眉毛を堂々と誇示する美女モデル その意義とは
  2. 妖艶なラブドールを妻と呼ぶボディビルダーの男性が話題
  3. 中国人を侮辱?アマゾンの商品が問題に
  4. マクロン大統領が10代の時に書いたという官能小説が話題に
  5. 不正入学で両親が逮捕されたYouTuber、2年ぶりに表舞台に登…
  6. 読書を通じて孤独な高齢者と友情を育むプログラムとは
  7. クリスピークリームが卒業生に無料でドーナツを提供
  8. 親に愛されないゲイの子供達へ、母親達が「Free Mom Hug…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。