ANIMALS

絶滅危惧種のアオウミガメを食肉用で販売 セブ島の店員らを逮捕

Source: Pexels/Belle Co

フィリピンの人気リゾート地セブ島で先月、絶滅危惧種に指定されているアオウミガメを食用として販売していた売場の従業員5人が逮捕された。

フィリピンの英字メディア『The Philippine Daily Inquirer』が伝えた。

Source: The Philippine Daily Inquirer

屠殺されたアオウミガメのうち1頭には生態系保全用のタグが付いており、そこに記録されている情報によれば、マレーシアで保護された後に海へ帰されるも、フィリピンまで回遊した時に地元漁師らによって捕獲されたと見られている。

フィリピン国家警察と環境省の出した声明文によれば、アオウミガメはセブ島にあるバジル(Pasil)魚市場で発見された。この地域では精力剤としてアオウミガメを食す文化が根付いており、絶滅危惧種に指定された動物の密輸が後を絶たないという。

 

おすすめ記事

  1. 女教師が男子生徒と性行為 懲役2年半の実刑判決
  2. バス運転手が勤務中に自殺、乗客を巻き込み21人が死亡
  3. 79歳母親を生き埋めにした58歳息子を逮捕 介護疲れか
  4. 「中国が我が国を汚染させた」 選挙広告が波紋を呼ぶ
  5. BLM活動家にネットで嫌がらせ行為、32歳男に実刑判決
  6. バス会社社長が中国人留学生を侮辱 慰謝料10万ドルで和解か
  7. セクハラ容疑で停職処分を受けたBBC司会者が辞職 調査不足で冤罪…
  8. 不法移民が電車で国境を越えようとして感電事故に遭う

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。