ANIMALS

絶滅危惧種のアオウミガメを食肉用で販売 セブ島の店員らを逮捕

Source: Pexels/Belle Co

フィリピンの人気リゾート地セブ島で先月、絶滅危惧種に指定されているアオウミガメを食用として販売していた売場の従業員5人が逮捕された。

フィリピンの英字メディア『The Philippine Daily Inquirer』が伝えた。

Source: The Philippine Daily Inquirer

屠殺されたアオウミガメのうち1頭には生態系保全用のタグが付いており、そこに記録されている情報によれば、マレーシアで保護された後に海へ帰されるも、フィリピンまで回遊した時に地元漁師らによって捕獲されたと見られている。

フィリピン国家警察と環境省の出した声明文によれば、アオウミガメはセブ島にあるバジル(Pasil)魚市場で発見された。この地域では精力剤としてアオウミガメを食す文化が根付いており、絶滅危惧種に指定された動物の密輸が後を絶たないという。

 

おすすめ記事

  1. コロナ禍で新生児が誕生 不安のなか幸せを掴んだ家族
  2. 37歳男性を誘拐し殺害、15歳少年に成人の刑法を適用
  3. エリザベス女王の孫が中国企業のCMに登場!?
  4. 「LGBTと酔っ払いは天国に行けない」キリスト教徒のツイートが大…
  5. BLM抗議デモの最中に登場した、黒人と白人の新婚カップル
  6. 盗撮行為に対する大規模な抗議デモが実施される
  7. ウィル・スミスの娘、一夫多妻など複数の恋人を持つ関係に賛成と明言…
  8. 天才団体『MENSA』に3歳で入会した男の子

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。