HOT

ドイツで再生可能エネルギー発電量が石炭を上回る

Source: Pexels

2018年にドイツ国内で生産された総発電量における再生可能エネルギーの割合が、初めて石炭を上回った。

ロイター通信が報じた。

ドイツに拠点を置く欧州最大の研究機関であるフランホーファー研究機構(Fraunhofer-Gesellschaft)の発表によれば、風力発電、太陽光発電、バイオマス発電、水力発電を合わせた再生可能エネルギーの総発電量が約40%を占めたことが分かった。石炭は38%に留まり、2番手となった。

再生可能エネルギーの割合は、昨年より4.3%増という結果に。更に、8年前の2010年時と比べると約21%も増加しているのだ。

環境先進国であるドイツは、世界で初めて環境法を制定したことでも知られている。細かいゴミの分別はもちろん、地域で収集したゴミから生産された腐敗ガスを利用して暖房を動かしたり、公共交通機関の利用促進のために定期カードを発行するなど、官民一体となって環境対策を具現化している。

関連記事

  1. スパイダーマン最新作は韓国系アメリカ人の少女が主人公
  2. AIロボットが人事部長に? 管理職がロボットに奪われる時代到来か…
  3. 脱北者が人生初の投票 テキサス予備選挙で
  4. 「黒人奴隷と白人所有者」男子生徒の ハロウィン仮装が波紋を呼ぶ
  5. 新商品「火鍋味の歯磨き粉」が3日でほぼ完売に
  6. “アンチフェミニスト”の弁護士が女性判事…
  7. モンタナ州を訪れたトランプ大統領への辛辣なメッセージ
  8. 停止してくれた車に深くお辞儀をした男の子が話題に

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。