HOT

レスリング審判が試合直前に黒人選手に髪を切るよう指示

Source: SNJ Today

 アメリカはニュージャージー州の高校レスリング大会の試合直前、審判の1人が出場予定選手の長髪を指摘し、「今切るか、出来なければ試合放棄だ」と要求したとして物議を醸している。

ニュージャージー州の地方メディア『SNJ Today』が伝えた。

ブエナ・リージョナル・ハイスクール出身のレスリング選手アンドリュー・ジョンソン(Andrew Johnson)さんは、ドレッドロックスと呼ばれる複数の束形状になった長い髪で試合会場に出場した。

すると、試合直前になって審判のアラン・マローニー(Alan Maloeny)氏がジョンソン選手に対して髪を切るように指示。切らなければ試合を放棄するように訴えたという。

ジョンソン選手のコーチは指示が出された後、しばらくマローニー氏との口論が続いていたが、ジョンソンさん本人が髪を切ることに同意。その場でドレッドロックスをハサミでバッサリと切り、試合に挑んだのだ。

試合会場に来ていたSNJ Todayの記者マイク・フランケル(Mike Frankel)氏が、その場面を撮影した動画を自身のツイッターに投稿した。

 

 

問題となった動画は1万件以上シェアされ、審判の決断は「黒人差別だ」「人権侵害」などと非難の声が集中している。中には、「レスリングには安全の観点から髪の長さに対する規定がある」との指摘も出ている。しかし、それには「長髪の場合はセーフティ・キャップを被れば良いというルールもある」との反論も。ジョンソン選手にセーフティ・キャップの使用を提案しなかった審判に対する厳しい批判も上がっているのだ。

ジョンソン選手は髪を切った後、試合に勝利した。地元メディアは、炎上騒ぎとなった今回の件について両者にコメントを求めるも、2人は現在も沈黙を保っているという。

関連記事

  1. ナイトクラブで19歳少女が出産 赤ちゃんは生涯クラブ入場無料に
  2. 愛犬からの感染で両手足を切断した男性「今でもエリーを愛している」…
  3. 虐めを受けた9歳の男の子、義援金5000万円を慈善団体に寄付
  4. 「イヴァンカは用無し」のポスターがニューヨーク市内に出現?
  5. チャンネル登録者数80万人以上の人気ユーチューバー、児童虐待容疑…
  6. 主人を愛して止まない難聴のペルシャ猫が話題に
  7. マッチョの店員がご奉仕? 斬新なフルーツ店が注目の的に
  8. 元上司の23歳女性を殺害、ストーカー容疑の35歳男を逮捕

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。