HOT

モンタナ州を訪れたトランプ大統領への辛辣なメッセージ

Source: Twitter

中間選挙のため、アメリカ各地を回っていたトランプ大統領がモンタナ州へ降り立った際、彼が待ち受けていたのは「FU45(くたばれトランプ)」という、露骨な地元民からのメッセージだった。

ボウズマン・イエローストーン国際空港に降り立つ予定となっていたトランプ大統領に向けられたのは、空港付近の芝生を刈って作られた「FU45」という文字。

FUは”くたばれ”であり、45は第45代大統領のことだ。つまりトランプ大統領に対する辛辣な罵言だ。

しかし、誰が何の目的でやったのか?

米メディア『USA TODAY』によれば、芝生に文字に起こしたのは空港の近くに住むカーティス・ローさんとケヴィン・クロフォードさんだ。

ローさんの土地を利用して作成されたメッセージは、最長約46mにも及ぶ。

2人はメディアからのインタビューにて、大掛かりな行動に出た理由を語った。

「抗議デモをするより効果的なんだ。彼らは怒ったリベラル派がデモ活動をする光景を楽しんでいるようだからね。共和党支持者の多い州にも、僕らのような反トランプ派が存在することを示せるし、トランプ大統領に対する率直な考えを表現出来るからね。」

また、ローさんはペンス副大統領が来た時のために、横のスペースを十分に空けてあるという。

 

おすすめ記事

  1. 女性から現金を強奪しようとした男、”残高0元R…
  2. ワクチン接種に反発していた男性がコロナに感染し他界
  3. 愛国心の強化?「行き過ぎた娯楽番組」の放映を禁止
  4. ケンタッキー店内でプロポーズしたカップルに大企業からラブコール
  5. 「動物虐待だ」 韓国人YouTuberに批判が殺到
  6. 中間選挙に向けた民主党支持者の投票促進ポスターが物議を醸す
  7. 「細すぎる」と批判されたジジ・ハディッドが反論ツイートを投稿
  8. 孤児だった女性が児童6人の里親になる

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。