HOT

モンタナ州を訪れたトランプ大統領への辛辣なメッセージ

Source: Twitter

中間選挙のため、アメリカ各地を回っていたトランプ大統領がモンタナ州へ降り立った際、彼が待ち受けていたのは「FU45(くたばれトランプ)」という、露骨な地元民からのメッセージだった。

ボウズマン・イエローストーン国際空港に降り立つ予定となっていたトランプ大統領に向けられたのは、空港付近の芝生を刈って作られた「FU45」という文字。

FUは”くたばれ”であり、45は第45代大統領のことだ。つまりトランプ大統領に対する辛辣な罵言だ。

しかし、誰が何の目的でやったのか?

米メディア『USA TODAY』によれば、芝生に文字に起こしたのは空港の近くに住むカーティス・ローさんとケヴィン・クロフォードさんだ。

ローさんの土地を利用して作成されたメッセージは、最長約46mにも及ぶ。

2人はメディアからのインタビューにて、大掛かりな行動に出た理由を語った。

「抗議デモをするより効果的なんだ。彼らは怒ったリベラル派がデモ活動をする光景を楽しんでいるようだからね。共和党支持者の多い州にも、僕らのような反トランプ派が存在することを示せるし、トランプ大統領に対する率直な考えを表現出来るからね。」

また、ローさんはペンス副大統領が来た時のために、横のスペースを十分に空けてあるという。

 

おすすめ記事

  1. スターバックスが難民向けの就職フェアを主催
  2. 宝飾はダイヤモンドと隕石!?22億円の靴がドバイでお披露目
  3. タイ反政府デモ、高校生が「厳しすぎる校則」に抗議
  4. 超人気YouTuberが自殺遺体を撮影した動画を投稿!?ネット上…
  5. カーディ・Bの生演奏「子供に悪影響」と批判続出、本人が反論
  6. 迷惑駐車をした高級車VOLVOに罵詈雑言の貼紙が
  7. シンガポールの好立地に家賃4万円の物件が登場、その理由とは
  8. 「救世主ぶるな」アン・ハサウェイ、黒人を擁護したつもりが逆効果に…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。