HOT

ビーガン殺害ジョークの流出で料理雑誌ライターが辞任

Source: Instagram

イギリスの料理雑誌『Waitrose Magazine(以下、同誌)』の古参ライターであるウィリアム・シットウェル(William Sitwell=画像上)氏が辞任した。

「ビーガンを1人ずつ殺す」と書かれたシットウェル氏のメールがツイッター上に流出したためだ。

ハロウィンの近付く10月、ビーガン・ライフスタイルのブログを運営しているフリーライターのセリーネ・ネルソン(Selene Nelson)さんが、シットウェル氏に宛てたビジネスメールを自身のツイッターに投稿した。

 

 

そこには、彼女がシットウェル氏にビーガン料理レシピのシリーズ化を提案するメールをした際に、彼から送られた信じられない内容の返信が晒されていた。

「こんにちは、セリーネさん。メールありがとう。では、ビーガンを1人ずつ殺すというシリーズはどうかな?奴らの捕獲方法とか?偽善者ぶりを暴露する?強制的に肉を食わせようか?」

メールのやり取りはネルソン氏によって公開され、瞬時に拡散。多数のメディアに取り上げられ、シットウェル氏に対する非難の声が殺到した。

事態を重く見た同誌は、英メディア『The Independent』に出した声明文にて、シットウェル氏は辞任したと発表した。

同誌にて20年以上勤めていたシットウェル氏は、自身のインスタグラムを用いて謝罪文を掲載。

View this post on Instagram

William Sitwellさん(@williamsitwell)がシェアした投稿

「僕の無分別なジョークによって気分を害された人に、繰り返し謝罪をしたい。この写真は、2017年1月に発刊した野菜特集だ。とても誇りに思っている。食肉関連の広告掲載依頼は全て拒否したよ」

元料理ライターに対する批判は続いているもの、「表現の自由だ」「ビジネスメールは公開するべきではない」などと彼を擁護する声も多数上がっている。

 

おすすめ記事

  1. 日々のストレスを発散!「公用サンドバッグ」がニューヨーク市に登場…
  2. 教員の同性婚を支持したカトリック系学校 イエズス会の警告を一蹴
  3. ゾウの子供が過労で倒れ込む?「象乗り」に対する批判の声が高まる
  4. シンガポールの好立地に家賃4万円の物件が登場、その理由とは
  5. IKEAが子供用ランチを無料で提供
  6. ブリジット・バルドーがセクハラ撲滅運動を「目立ちたがりの集まり」…
  7. コロナ禍で新生児が誕生 不安のなか幸せを掴んだ家族
  8. カイリー・ジェンナーが唇を整形した本当の理由

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。