HOT

白人警官の射殺シーンを再現? 吹奏楽部の演劇が物議を醸す

Source: Facebook

アメリカはミシシッピ州ジャクソン市で7日(土)、高校フットボールの試合中に行われた吹奏楽部によるハーフタイムショーが「不謹慎だ」と、州内で激しい批判にさらされた。

ジャクソン市長は問題が深刻化したことを受け、ショーの監督を務めたフォレスト・ヒル高校(Forest Hill High School)の教員に停職処分を講じたと発表した。

米メディア『Newsweek』が報じた。

 

 

批判の原因は人種差別か

Source: CNN/MBI

問題となったハーフタイムショーは、フォレスト・ヒル高校の吹奏楽部が演じた寸劇だ。医療系の制服を着た男女数人が、SWAT(特別機動隊)の男性2人に銃口を向けるシーンが展開されたのだ。

何故、この場面が問題視されたのか。理由は2つある。試合が始まる1週間ほど前に、ミシシッピ州で白人警官2名(画像上)が銃撃戦の末殺害された事件が発生している。同時に、白人警官による不条理な黒人射殺事件が続いたことが近年、社会問題となっていた。

ジャクソン学区のエリック・L・グリーン(Errick L. Greene)学区長は謝罪声明にて、「問題となったシーンは、映画『ジョンQ -最後の決断-』を模したものであり、悪意をもって演じられた事実は無い」と弁明。その上で、コミュニティを代表して謝罪した。

「ジャクソン学区では、法執行機関に多大なる敬意を表しています。吹奏楽部のパフォーマンスは、我々の価値観や理念に反するものであり、非常に無神経であった。警察官の方々、ジャクソン市民、そして学生達には多大なるご迷惑をお掛けしてしまったこと、ここにお詫びいたします。」

アメリカでは白人警官による黒人射殺事件が相次いでおり、両人種間の緊迫した状況に懸念が募っている。

 

おすすめ記事

  1. 娘の”キラキラネーム”を揶揄われた母親が反撃に出る
  2. 他界した93歳女性「トランプに投票しないで」との遺言を残す
  3. 「メリークリスマス!」祝いの言葉をかけた女性が殴られる
  4. 伝統行事の”ブラックフェイス”に反発したデモ隊が襲撃される
  5. 男児に性的虐待、同性愛カップルに禁錮20年
  6. クリスマス用のツリーに紛れ込んだ小さなフクロウを保護
  7. 「父親と認めて」 子供を妊娠・出産した男性が最高裁に上告
  8. 鬱病から抜け出し、フェレットと一緒に世界旅行を決意

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。