HOT

「婚約者がレイプされても子供の面倒を見ることね」財務相候補者の発言が物議を醸す

Source: FACEBOOK

アメリカはウィスコンシン州の財務相候補者であるジル・ミリーズ(Jill Millies)氏が、同じく財務相候補者のトラヴィス・ハーツイッグ(Travis Hartwig)氏の婚約者に対して侮辱的な発言をしたとして、激しい非難を浴びている。

 

 

中絶を巡り議論が激化

Source: FACEBOOK

「トラヴィス、あなたの婚約者がレイプされても、産まれた子供の面倒は見てくれるのよね。あと、精神病を抱えている人が銃であなたを撃とうが、銃を持つ権利があるんだから問題ないのよね。あなたの思考が穴だらけなの、これで分かるかしら?」

ライバルの婚約者に対し、無神経な発言をしたミリーズ氏。現在、このメッセージは削除されているが、ハーツイッグ氏が残していたスクリーンショットがネット上にアップロードされて注目を集めているのだ。

彼は自身のフェイスブックアカウントにて、彼女に対する怒りを露わにしている。

 

 

「これが政治の底辺さ。事実と向き合うことができず、人格攻撃や脅迫に走る。僕たちはこのような言動にはもう我慢ならない。」

ミリーズ氏は発言を撤回し、公式に謝罪した。そこで彼女は、問題となった発言を投稿した理由を説明した。

 

「昨夜、私のメッセージを読んだ人達にお詫びを申し上げます。投稿は削除しました。私の競争相手とその支持者らが、中絶を巡る言い合いに私を引きずり込んだのです。Ivoter Guide(候補者の違いを示したサイト)によれば、”中絶が許される状況とは何か”という質問に対してトラヴィスは、”いかなる理由があっても中絶は許されない”と答えたのよ。私は、”レイプ、もしくは女性の精神状態や健康状態に障碍がある場合”と答えた。」

ハーツイッグ氏の中絶に対する過激な思想が、「婚約者がレイプされても、産まれた子供を育てることね」などと発言するに至った動機だとミリーズ氏は弁明した。

また、彼女は地元メディアMilwaukee Journal Sentinelの取材に対し、自身の発言に対する見解を述べている。

「政治の世界へ入ったのはこれが初めてなの。もう、トラヴィスと彼の支持者には本当にうんざりしているわ。いちいち私のフェイスブックページに来て、私に対する酷いコメントを大量に残していくのよ。でも、今回は私の失敗ね。誰かがレイプされて欲しいなんて、微塵も思わないわ。それって最低な事よ。ただ、中絶に対するトラヴィスの見解を見た時、信じられない気持ちでいっぱいになったの。」

 

 

おすすめ記事

  1. 新郎の不倫相手が結婚式場にウェディングドレスを着て登場!?
  2. 妖艶なラブドールを妻と呼ぶボディビルダーの男性が話題
  3. おもちゃに性別は関係ない?商品を男女別に分ける風潮に不満の声続出…
  4. 20年前に体罰を受けた元生徒が教師に復讐!?
  5. 【グラミー賞】最優秀ラップ・アルバム賞授与のカーディ・Bが故マッ…
  6. コロナ苦の人々を救済するため、土地を売却したパーシャ兄弟
  7. 経済を支える移民労働者へ物資支援の呼びかけ始まる
  8. トイレットペーパーを巡り乱闘騒ぎに 母娘を逮捕

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。