CULTURE

公立男子校が生徒のタトゥーを許可、マオリ族文化の尊重を優先

Source: Kollege Kid/flickr

ニュージーランド最大の都市オークランドの公立高校が、原住民マオリ族の文化を尊重し、生徒の入れ墨を許可する決定を下した。

現地メディア『Stuff』によると、市内にある男子校『Westlake Boys Highschool(ウェストレイク・ボーイズ・ハイスクール)』は昨年、腕と肩に入れ墨を入れたマオリ族の生徒2人に対し、タトゥーは校則違反であるとして隠すよう命じた。

しかし、この入れ墨は『タ・モコ』と呼ばれるマオリ族の伝統文化であり、彼らのアイデンティティを象徴する神聖なものとして先祖代々受け継がれてきた。学校の要求に対し生徒らは、「深く傷付いた」と嘆いたという。

腕に彫られたタ・モコ(上)Source: Maciej Noga/flickr

本件について生徒の親族から苦情を受けた学校は後日、マオリ族文化に詳しい専門家を招いた会合を実施。そこではマオリ文化におけるタ・モコの価値と重要性について説明がなされ、学校は校則の見直しが必要であると判断した。

そうして複数回に亘る職員会議を行った後、マオリ文化を否定する規制の改定は建設的であるとして、タ・モコに限り生徒の入れ墨を認める方針を固めたのだ。

同メディアの取材にデイビッド・ファーガソン校長は「9月の新学期に間に合った」と安堵の気持ちを述べ、この決定は学校にとって有益な結果をもたらすだろうと意気込みを語った。

公式サイトに記載されている新しい校則によると、ファーナウ(マオリ族の親族)による書面もしくは口頭での承認があれば、生徒は校内でタ・モコを露出することが出来る。

また禁止されていたアクセサリー類の着用も、今回の改定によりヘイティーキなどマオリ族の伝統装飾品のみ、上記と同じ手順で許可されるという。

 

 

おすすめ記事

  1. ペットに”治安要員”と名付けた罪でブリー…
  2. 難民の歌姫リタ・オラ、過酷だった子供時代を語る
  3. 大嵐の中、ショッピング・カートを返却する老人の姿が話題に
  4. トランプ次男の妻、国会議事堂襲撃事件を糾弾
  5. 知事が”体を張って”国境の壁建設に反対声…
  6. 「黒人の命に価値はない」 ジョージ・フロイドさんの壁画に差別用語…
  7. 亡き夫へ捧ぐ 妻がウェディングドレスで写真撮影に挑む
  8. 10歳女児に性暴力を振るい殺害した13歳少年、未成年のため起訴さ…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。