NEWS

胎児に対する殺人罪で懲役30年の判決を受けた女性が仮釈放される

Source: Screenshot via AFP Español

中米エルサルバドルで7日、胎児を殺害した罪で服役していた女性が仮釈放された。複数の海外メディアが報じた。

ロイター通信によると2012年、当時22歳で妊娠中だったサラ・ロヘル(Sara Rogel=トップ画像)さんは家事をしていた最中に転倒し、出血したため病院に搬送された。しかし、そこで胎児が死亡したことを告げられたという。

するとロヘルさんは、転倒による事故死だと訴え続けるも、殺人罪で懲役30年の実刑判決を言い渡されたのだ。

記者会見で答弁するロヘルさん(上)Source: Screenshot via AFP Español

その後約8年間、ラ・パス県にある女子刑務所内で過ごしていたロヘルさんだが、裁判所は彼女の弁護士による減刑要請を受諾したと発表。さらに刑期を10年に引き下げることが認められ、ロヘルさんを仮釈放するよう命じたのだ。

エルサルバドルは、胎児を死なせた母親に対する処罰が最も厳しい国の1つであり、強姦や事故死、死産であっても最大で50年の量刑が科される可能性がある。

そうしたなか、過去数年にわたり、同罪で数十年の懲役刑を言い渡された女性達が釈放され、一部は控訴審で虐待無罪となったケースもある。

一方で、未だ20人近い女性が服役中であり、人権団体による抗議活動が続いている状態だ。

 

おすすめ記事

  1. カーダシアン姉妹が日本初上陸!セクシーすぎるインスタ画像に注目
  2. 「ベトナム人は敵だ」 美容品メーカー社長のヘイトスピーチが批判の…
  3. シャネルがマスクと防護服の生産に着手
  4. 主婦は労働対価を支払われるべきか?ネット上で議論が勃発
  5. 動物園の高齢サイに落書きが カップルに批判が殺到
  6. 生徒が匿名で精神状態を伝える”チャート”…
  7. 航空学校で中国人留学生が自殺 人種差別が原因か
  8. 「メリークリスマス!」祝いの言葉をかけた女性が殴られる

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。