NEWS

顔にマスクの絵を描いて来店したYouTuber、国外退去処分の危機

Source:

インドネシア政府は22日、マスクを着用せず外出した外国籍のユーチューバー2人の国外退去を検討していると発表した。

現地メディア『Coconuts Bali』によると、YouTubeやSNSで「いたずら動画」を投稿し人気を博しているジョシュ・ペイラー・リン(Josh Paler Lin)さんと、インフルエンサーで彼のガールフレンドのレイア・シー(Leia Se=トップ画像)さんは、インドネシアのリゾート地バリ島にあるスーパーマーケットに訪れていた。

しかし、シーさんがマスクを着用していなかったため警備員に呼び止められ、入店を断られた。

その後2人は車内に戻ると、リンさんが化粧品を使って彼女の顔にマスクそっくりの模様を描き、そのまま入店することに成功。他の来店客ばかりか警備員にも気付かれず、シーさんは終始マスクを付けている振りをして買い物を続けたのだ。

Source: Josh Paler Lin via Yatnovzsky/YouTube

そしてリンさんが16日、その時の様子を動画にしてSNSに公開。すると、インドネシア人ユーザーからバッシングの嵐が沸き起こった。「みんなを楽しませるため」に撮影した”いたずら動画”だが、現地住民から国外退去を望む抗議活動が勃発してしまう結果に。

国民からの猛反発を受けたインドネシア政府は、マスク着用義務を怠り秩序を乱したとして2人のパスポートを押収し、国外退去処分の可能性を示唆している。

Source: Josh Paler Lin via Yatnovzsky/YouTube

2人は騒動の後、アカウントを非公開に切り替えてSNSでの活動を休止していた。すると24日、リンさんがInstagramを更新し、弁護士の男性と共にに英語とインドネシア語での謝罪声明を発表した。

そこでリンさんは、「皆様を楽しませようと思って動画を撮影しました。反マスク主義を掲げるような意図は一切ありません」と弁明しつつ、「結果的に多くの人々を不快にさせてしまったことについて、深くお詫びいたします」と陳謝した。

 

おすすめ記事

  1. スターバックス、世界中の従業員に救済金を支給
  2. 警備ロボットが街中でソーシャルディスタンスの監視役に
  3. セレブ達の超ゴージャスなマタニティフォト集!
  4. シャネルがリアルファーや本革製品の製造を廃止
  5. アジア系の留学生を強打 新型コロナでヘイトクライムが横行
  6. 動物実験の反対署名が8万件集まるも叶わず ラブラドール6匹を殺処…
  7. ケイティ・ペリーが少年にキスを強要し物議を醸す!?
  8. 叱られて泣き叫ぶ女の子を慰めるゴールデンレトリバー

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。