NEWS

「LGBT+禁止区域」の街、資金援助を断たれ財政難に陥る

Source: Jasmin Sessler/Pixabay

ポーランド南東部ルブリン県にある人口3万人ほどの小さな街が、LGBT+の権利を認めないと宣言したために資金援助を断たれ、財政難に陥っている。

米メディア『New York Times』によると、同県クラシニク郡の町長ヴォイチェフ・ビルク氏は2019年、保守的な町民の支持を得る目的で「LGBT+禁止区域宣言」に署名をした。

しかしこの決定が下されると、基本的人権の侵害を理由に欧州各国が同郡への財政的支援の打ち切りを発表。資金援助に依存していたクラシニクの経済は、忽ち苦境に立たされた。

ヴォイチェフ・ビルク氏(中央) Source: Wojciech Wilk/Twitter

「私達の街は同性愛嫌悪の同義語と化し、ヨーロッパの笑われ者となった。最も苦しんでいるのは、政治家ではなく住民の方々だ」

New York Timesに後悔の念をこう語ったビルク氏は現在、決議を撤回するよう議会に働きかけを行っているという。クラシニク郡での深刻な若者人口の減少に歯止めをかけるため、青少年プログラムや電動バスなどの導入資金の確保が必要不可欠だと訴えた。

 

おすすめ記事

  1. コロナ禍のインドで反イスラム感情が悪化
  2. 「食べ方に腹が立った」母親が7歳の娘を鉄棒で撲殺
  3. Wi-Fiを巡り姉を殺害した18歳男に終身刑
  4. 「黒人は落ち着きなさいよ」 元ミスコン勝者の発言が物議を醸す
  5. 市民の実名とIDをネットに公開?監視社会の弊害が露呈
  6. 再犯率2%以下?受刑者に学位を授与する支援団体とは
  7. 遊び心溢れる台湾のコンセプトホテル『九樹森林』が凄い
  8. 子猫を保護したと思った女性、よく見たらボブキャットだった

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。