NEWS

「白人の命も大切」デモが全米各地で開催、参加者が少なすぎてキャンセル続出

Source: Yeya Vargas/Twitter

BLM運動ならぬ「ホワイト・ライヴス・マター(白人の命にも価値がある/以下、WLM)」のデモ活動が11日に全米各地で開催されるも、参加人数が極僅かであったため多くの地域でキャンセルを余儀なくされた。

米メディアによると、マサチューセッツ州は13人、テキサス州は3人のみが現場に集まり、ルイジアナ州やテネシー州など複数の地域では参加者が主催者1人のみという結果となった。

一方で、WLMの呼び掛けが白人至上主義団体『クー・クラックス・クラン(KKK)』のメンバーによって行われていたことから、アンティファ(反ファシズム団体)やBLM活動家らが対抗デモの実施を発表。開催日には各地で数十人から数百人の参加者が集まった。

オレンジ郡ハンティントンビーチに集まった対抗デモ隊(上) Source: FOX 11 Los Angeles/YouTube

当日は警察が配備され、デモ隊の衝突を防ぐ準備体制が整っていたが、ほぼ全ての拠点で対抗デモの数が上回り争いは発生しなかったようだ。

しかしカルフォルニア州南部のオレンジ郡では、10人のWLMデモ隊に対し約500人の対抗デモ隊が押し寄せ、激しい口論や殴り合いが勃発。10人が逮捕される事態となった。

Source: @xashgiggles/Twitter

オレンジ郡を代表する議員3名は9日、KKK主催の集会に対する抗議声明文を公式サイトに掲載し、「表現の自由は尊重するが、KKKや他の白人至上主義者らの活動はオレンジ郡の議員や住民の持つ価値観に反するものだ」と主張した。

米メディア『Forbes』によるとKKKは、WLM運動の理念として「白人種の意識向上を復活させ、白人に向けられたヘイトに打ち勝つために全ての白人を一致団結させる」とメッセージアプリ『Telegram』に記載していたという。

 

おすすめ記事

  1. 国慶節の特別番組に台湾人歌手を起用、本国では罰金刑の可能性も
  2. ニキビ肌を馬鹿にされたケンダル・ジェンナーが批判をぶった切る!
  3. 民主党議員、同級生に対する自殺教唆やリベンジポルノ容疑を認める
  4. 外出禁止令、同性愛嫌悪の両親と暮らすゲイの子供達
  5. IKEAブランドの世界地図、ニュージーランドを書き忘れて非難が殺…
  6. 65歳男性、カラオケの歌いすぎで肺が破裂
  7. 詐欺罪で飲食店オーナー夫婦に懲役1446年の判決が下される
  8. 娘の”キラキラネーム”を揶揄われた母親が反撃に出る

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。