CRIME

男子学生が障碍者の女性に暴行、さらに写真を撮影し非難が殺到

Source: Robin Armstrong/FACEBOOK

イギリス東部Suffolk(サフォーク)州にある街バリーセント・エドマンズで今週火曜日、高校生と見られる男4人が障碍者の女性に卵や小麦粉を投げ付けるなどの暴行を加えて逮捕された。

ネット上では、「加害者の顔を映せ」「名前を公開しろ」「こいつらを探し出して復讐する」など、男子学生に対する怒りの声が殺到している。

 

 

過去にも住民に迷惑行為を繰り返していたか

Source: Robin Armstrong/FACEBOOK

逮捕されたのは、17歳と15歳の少年4人。写真を撮影した者の身元確認はできておらず、暴行に加担したという報告もない。

被害を受けた女性は身体障碍を患っている40代の女性で、暴行前は公園のベンチで休息を取っていた。

サフォーク警察の調べによると、少年らが公園で被害女性と口論になったことが犯行に及んだ動機だという。

警察は「我々は事態を重く見ている。被害女性へのサポートは迅速に行うつもりだ」と話しているが、地元住民からの証言ではこの男子学生達は以前から街を荒らす迷惑な存在として有名だったようだ。

住民の1人であるAndrew Willsher(アンドリュー・ウィルシャー)氏によれば、少年らは「いつも集団になって公園や店内でたむろしているんだ」という。

彼は続けて、男子学生達に対する怒りをぶつけた。

「学生にとっては、この小さい街ではやることが少ないのだろう。だからあいつらは暇潰しのためにわざと騒ぎを起こすんだ。この男子学生達が公園に来た途端に人々は去って行く。あいつらが嫌がらせ行為をしてくると知ってるからね。」

また、別の住民は「この少年達は、夜の5時過ぎ頃になると公園に集まってくるんだ。そこで酒を飲んだりクスリをやったりするんだ。だから私は、その時間には絶対に公園に近付かないようにしている」と、少年らの迷惑行為について語った。

暴行時に撮られた写真は、イギリス出身のインターネット・セレブであるRobin Armstrong(ロビン・アームストロング)氏によってFacebookでシェアされた。彼の投稿は200万回以上閲覧され、寄せられたコメント数は5000件に上った。

コメントには加害者に激怒した人々から多数のメッセージが残されており、少年らに対する重い処罰を求める声が高まっている。

 

おすすめ記事

  1. Wi-Fiを巡り姉を殺害した18歳男に終身刑
  2. 3Dプリンタで作れる、格安ビーガンステーキとは?
  3. ネット上で10代少女を装った元警察官、男児に性器の画像を送るよう…
  4. SNSで地元の飲食店を支援 コロナ不況のなか
  5. 31歳の「ママ社長」、幼い息子を抱えながら株式上場セレモニーに出…
  6. 「白人とアジア人はクズだ」人種差別発言でイスラム系移民を逮捕
  7. 卒業証書が愛猫の遊び道具にされてしまった飼い主のツイートが話題
  8. 防弾少年団、サウジアラビアでのライブ開催に非難が相次ぐ

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。