NEWS

トランプ支持者の父親をFBIに密告、18歳少年に賞賛の声が続出

Source: Fox 4 News

昨年11月の米大統領選挙でトランプ前大統領が敗北した結果を認めず、バイデン氏の就任を阻止しようと首都ワシントンD.C.に集結した支持者らによる連邦議会議事堂襲撃事件。

100人以上の容疑者が次々と摘発されている中、18歳の少年が父親の関与を連邦捜査局(FBI)に密告していたことが分かり、国内で話題を集めている。

その少年とは、テキサス州に住むジャクソン・レフィットさん(トップ画像)だ。彼は23日、現地メディア『FOX 4』の取材に応じた。

そこでレフィットさんは「自分の感情を押し殺して、正しいと思うことをした」と述べ、事件発生の数週間前にFBIへ連絡を入れたと明かした。

事件当日に撮影された父親の姿(上) Source: FBI via CNN

極右民兵団体『Three Percenters』のメンバーであるという父親は、日頃から家族に向かって「凄いことをやってみせる」と豪語していた。

そして事件当日、首都へ向かった父親は群衆と共に議事堂へ乱入。そして帰宅後、自身が議事堂を襲撃したことを自慢げに話していたという。

さらに「もし警察に通報したら、ただでは済まないぞ」とレフィットさんに詰め寄り、「裏切り者は銃殺だからな」などと脅迫したのだ。

現在、レフィットさんは自宅にはおらず、母親から電話回線を断たれたため、取材は恋人の携帯電話を借りて行ったと、米メディア『CNN』のインタビューに応えている。

Source: GoFundMe

また父親は16日に身柄を拘束され、議事堂侵入や司法妨害など複数の罪で起訴されている。

レフィットさんの勇敢な行動が大手メディアに報じられたことで、SNSでは彼に対する称賛の声が続出した。

すると、あるユーザーがクラウドファンディングサイト『GoFundMe』の立ち上げを提案。家族と疎遠になった状況を打開するために、彼は同サイトで募金活動を開始した。

現時点で14万ドル(約1460万円)以上もの支援金が寄せられており、レフィットさんは集まったお金を今後の貯蓄と大学生活の費用として使うと述べている。

関連記事

  1. ソマリアのテロ組織がエコ活動開始?プラスチックを使用禁止に
  2. 「動物虐待だ」 韓国人YouTuberに批判が殺到
  3. 欧州大手紙、トランプ大統領を「今年一番の負け犬」に選出
  4. ゲイの結婚式と勘違い?男性10人が拘束される
  5. 母親との濃厚キスは「文化」?人気歌手に批判が続出
  6. コロナで他界した男性の息子、マスクを着用しない人々に怒り
  7. 孤児だった女性が児童6人の里親になる
  8. まだら症を患うキッズモデルの息子に抱く、家族の願いとは

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。