CRIME

「トランプに騙された」 Qアノン信奉者バッファローマンが愚痴をこぼす?

Source: Channel 4 News/YouTube

今月6日に発生した、トランプ元大統領の支持者らによる連邦議会議事堂襲撃事件。

FBIは100人以上の容疑者を次々と摘発し、そのなかには最も注目を集めたバッファローマンこと「Qアノン・シャーマン(本名:ジェイコブ・チャンスリー=トップ画像)」も含まれている。

Embed from Getty Images

米メディア『ABC15』によると、アメリカの極右勢力が提唱する陰謀論『Qアノン』の熱心な信奉者であるというチャンスリーは現在、首都ワシントンD.C.の拘置所に収容されており、議事堂侵入や暴力の扇動など複数の罪で起訴されたという。

チャンスリーは、ミズーリ州セントルイスに法律事務所を構えるベテラン弁護士アル・ワトキンス氏に弁護を依頼。

ワトキンス氏は現地メディアの取材に対し、「顧客は悪人などではない。彼はトランプに騙されただけだ」などと主張している。

Embed from Getty Images

「大統領の数か月に及ぶ大嘘や誇張表現により、群衆は議事堂へ向かうよう促されたのだ」

そして、チャンスリーはトランプ元大統領が恩赦を与えてくれなかったことで「洗脳が解けた」と言い、「顧客は大統領に騙されたこと、そして議事堂に侵入したことを深く後悔している」と訴えた。

もし有罪判決となった場合、被告人は最大で25年の懲役刑が科される。

関連記事

  1. 政府が顔合成技術「DeepFake」の違法化を検討
  2. 下半身不随の男の子、車椅子モデルの広告に興味津々
  3. IKEAが客に展示品で寝ることを許可?
  4. 廃プラスチックが木材の代替品に?ベンチャー企業の挑戦
  5. 美容院が「コロナは存在しない」の貼紙を掲示、警察が厳重注意
  6. バイデン夫人は「博士と名乗るに値しない」? 大手紙の論説が話題
  7. アメリカで流行中の「キツネ顔」、アジア人軽視であるとの指摘も
  8. 中華料理店で働く少女に硫酸をかけた30代女を逮捕

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。