NEWS

「K-POPが大嫌い。見習うべきは西欧文化」 元ミスコン勝者の発言が波紋を呼ぶ

Source: Imelda Schweighart/Instagram

美人コンテスト『Miss Earth(ミス・アース)』の元フィリピン代表である女性が、「K-POPはフィリピン人のアイデンティティを失わせている」などと発言し物議を醸している。

批判の渦中に立たされているのは、2016年にミス・アース・フィリピンの座を勝ち取った、歌手のイメルダ・シュウェイハートさん(Imelda Schweighart=トップ画像)。

彼女は23日、Facebookアカウントに以下のようなコメントを投稿した。

Source: Imelda Bautista Schweighart/Facebook via NextShark

「私、K-POPが大嫌いなの。フィリピン人は必死に韓国人みたいになろうとして、自分達のアイデンティティを失っている。もっと誇りを持ちましょうよ」

現地メディア『ABS-CBN』によれば、シュウェイハートさんはコメント欄でも主張を続けた。

そこで彼女は、K-POPが子供達から自信を奪い美容整形を促していることや、韓国芸能界のアイドルに対する酷遇について批判したという。

Source: Imelda Schweighart/Instagram

一方で「それに比べて西欧文化は一流ね」と述べ、「フィリピン人として、西欧文化は必要不可欠。だって結局、彼らの方が優秀だから」などと持論を展開した。

フィリピン人は自尊心を上げる必要があると奨励するも、同発言は多くのユーザーからの反感を買い炎上。「愛国心を口実に、人の趣味を制限してはならない」など厳しい非難の声が相次いでいる。

現在、同投稿は削除されており、シュウェイハートさんは炎上を受けてからSNSでの活動を休止しているようだ。

 

 

 

おすすめ記事

  1. フランス人女性、「フランス語力が不十分」で永住権を得られず
  2. ポルノサイトがダイヤモンド・プリンセス号の乗客に無償でサービスを…
  3. 飼い猫が全身にスプレーを掛けられ3日後に死亡
  4. 黒人死亡事件の犯行現場を撮影した、17歳の少女
  5. ホームレスのためにシャワー室を提供するカップルが話題
  6. 友人との口論の末、卵42個を一気食いした男性が死亡
  7. 愛国心の強化?「行き過ぎた娯楽番組」の放映を禁止
  8. アジア系に向けて糞便を投げた23歳男を逮捕

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。