NEWS

アジア系の男性、黒人蔑視発言で会社から契約を打ち切られる

Source: Dre TV/YouTube

アメリカ南西部アリゾナ州の不動産会社が先月、黒人男性に対するヘイトスピーチを理由に、アジア系の請負人との契約を解除したと発表した。

被害を受けた男性は、10万人近いフォロワーを持つ『Dre TV』を運営するアンドレ・アブラハムさん(トップ画像右)だ。彼は23日、本件について詳細に説明する動画を投稿し、さらに実際の映像を交えて、視聴者に事態の深刻さを訴えた。

 

 

アブラハムさんがスコッツデール市で動画撮影をしていたところ、独立請負業者として働いているというポール・ムさん(トップ画像左)が彼に近付き、「なぜ私の家を撮るんだ」と話しかけた。

「最近、この辺りではよく問題が起きるんでね」とムさんが言うと、アブラハムさんは「僕には関係ないでしょう」と反発。

そして暫く口論が続いた後、ムさんが「ここはニガーの立ち入り禁止区域だ」と発言し、それを聞いたアブラハムさんは、「あなたの勤務先を公開して、人種差別主義者が働いている場所だと伝える。僕は有名なYouTuberだ」と彼に警告した。

 

 

アメリカでタブー視されている黒人蔑視用語を使用したことで、多くの視聴者から怒りの声が殺到している。アブラハムさんはムさんからの謝罪を要求し、彼は職を解雇されるべきだとフォロワー達に呼び掛けた。

動画が投稿されて3日が経過した26日、ムさんに業務を委託していた現地の不動産会社『Russ Lyon Sotheby’s International Realty』が公式ツイッターで声明文を掲載した。そこで同社は「如何なる理由があろうと、弊社は差別を許容しません」と強い口調でム氏を非難し、彼との契約を打ち切ったと述べた。

 

 

現地メディア『12 News』によると、ムさんは通報を受けた警察からの事情聴取に応え、「ついカッとなってしまった。ここまで大騒ぎになるとは思わなかった」と弁解。

一方で「あの言葉は言うべきではなかった」と述べており、反省の色を見せていたという。

 

 

 

おすすめ記事

  1. 男性が手荷物検査機に侵入「コートを脱ぐのが面倒だった」
  2. いやがらせ目的? ブルキニ姿の女性達に裸体を見せ付ける
  3. 中華料理店で働く少女に硫酸をかけた30代女を逮捕
  4. FIFAが性差別撲滅の一環として「美女サポーター」取り締まりに動…
  5. 愛娘が絵手紙を描いてカミングアウト?母親のツイートが話題
  6. オーストラリア発!ボヘミアン調のファッションブランド『Camil…
  7. 10歳女児に性暴力を振るい殺害した13歳少年、未成年のため起訴さ…
  8. ヘアカットに満足せず美容院に2年間も嫌がらせ行為

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。