NEWS

アジア系の男性、黒人蔑視発言で会社から契約を打ち切られる

Source: Dre TV/YouTube

アメリカ南西部アリゾナ州の不動産会社が先月、黒人男性に対するヘイトスピーチを理由に、アジア系の請負人との契約を解除したと発表した。

被害を受けた男性は、10万人近いフォロワーを持つ『Dre TV』を運営するアンドレ・アブラハムさん(トップ画像右)だ。彼は23日、本件について詳細に説明する動画を投稿し、さらに実際の映像を交えて、視聴者に事態の深刻さを訴えた。

 

 

アブラハムさんがスコッツデール市で動画撮影をしていたところ、独立請負業者として働いているというポール・ムさん(トップ画像左)が彼に近付き、「なぜ私の家を撮るんだ」と話しかけた。

「最近、この辺りではよく問題が起きるんでね」とムさんが言うと、アブラハムさんは「僕には関係ないでしょう」と反発。

そして暫く口論が続いた後、ムさんが「ここはニガーの立ち入り禁止区域だ」と発言し、それを聞いたアブラハムさんは、「あなたの勤務先を公開して、人種差別主義者が働いている場所だと伝える。僕は有名なYouTuberだ」と彼に警告した。

 

 

アメリカでタブー視されている黒人蔑視用語を使用したことで、多くの視聴者から怒りの声が殺到している。アブラハムさんはムさんからの謝罪を要求し、彼は職を解雇されるべきだとフォロワー達に呼び掛けた。

動画が投稿されて3日が経過した26日、ムさんに業務を委託していた現地の不動産会社『Russ Lyon Sotheby’s International Realty』が公式ツイッターで声明文を掲載した。そこで同社は「如何なる理由があろうと、弊社は差別を許容しません」と強い口調でム氏を非難し、彼との契約を打ち切ったと述べた。

 

 

現地メディア『12 News』によると、ムさんは通報を受けた警察からの事情聴取に応え、「ついカッとなってしまった。ここまで大騒ぎになるとは思わなかった」と弁解。

一方で「あの言葉は言うべきではなかった」と述べており、反省の色を見せていたという。

 

 

関連記事

  1. マッサージ店と偽り売春宿を経営していた47歳女を逮捕
  2. 市民の実名とIDをネットに公開?監視社会の弊害が露呈
  3. タイ反政府デモ、高校生が「厳しすぎる校則」に抗議
  4. 道端で排便する子供を注意した清掃員が暴行を受ける
  5. ホームレスのためにシャワー室を提供するカップルが話題
  6. 3Dプリンタで作れる、格安ビーガンステーキとは?
  7. ゲイの結婚式と勘違い?男性10人が拘束される
  8. トランプ大統領の愛娘、1週間で税金260万円を使用

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。