NEWS

男性がパンツ一丁でロックダウンの規制に抗議!?

Source: Dawn Noden via Twitter

イギリスのウェールズ自治政府は23日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2度目のロックダウン導入を期間限定で実施した。

『Firebreak(防火帯)』と呼ばれるこのロックダウンでは、外出制限の他に飲食店の営業禁止(テイクアウトを除く)や、政府が指定した「生活必需品ではない商品」の販売が禁止されている。

このリストの中に衣服が含まれていることに立腹した男性が、「ならば裸で出歩いても問題ないだろう」とボクサーパンツのみを履いて外出し、国内で話題を集めている。

 

ウェールズの都市ニューポートにあるスーパー『Tesco(テスコ)』に妻と訪れたクリス・ノーデンさん。店員から入店を拒否されるも、妻のダウンさんが「あら、服は不必要なんでしょう」と反論。すると「服は必要です!」とスタッフが声を荒げ、2人は店を後にしたという。

パンツ一丁でショッピングをするノーデンさんの動画は、SNSで大きな話題を呼んだ。彼は後日、英メディア『Good Morning Britain』に出演。「服は生活必需品だということを示したかった。それを証明出来て満足している」と述べ、突飛な行動に出た意義を語った。

ウェールズ自治政府による規制は厳格すぎるとの批判が相次ぐ中で、独特な方法ながらもノーデンさんの抗議を支持する人々が目立っている。

 

おすすめ記事

  1. 「この国は人種差別と女嫌いが根付いてる」人気歌手のツイートに批判…
  2. 医師不足で医学生の早期卒業を奨励 新型コロナ
  3. 最高のクリスマスプレゼント!?俳優トム・ハンクスがファンにランチ…
  4. キリスト教の洗礼式で赤ちゃんが死亡、変革を求める署名活動が開始
  5. カーディ・Bの生演奏「子供に悪影響」と批判続出、本人が反論
  6. 桟橋の隙間に挟まっていた三毛猫を発見、人懐こい飼い猫と判明
  7. 気分は皇帝?小学校のソーシャルディスタンス対策が話題に
  8. アメリカで流行中の「キツネ顔」、アジア人軽視であるとの指摘も

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。