NEWS

男子生徒がミニスカで登校!? 性差別的な服装規定に抗議

Source: Zachary Paulin/Instagram

カナダの首都オタワ近郊で9日、約100人の男子高生がスカートを履いて登校し話題を呼んでいる。

ケベック州の都市ガティノーにあるハイスクール『Collège Nouvelles Frontières』の女子生徒には、制服は膝上10㎝までのスカートを着なければならないという服装規定がある。一方で、男子生徒はズボンを履くこと以外に特別なルールは無いという。

ポーリンさんはこれが性差別であるとして、学校に対し抗議の意思を表明するため友人数名に声を掛け、スカートを履いて登校したのだ。

 

Source: Zachary Paulin/Instagram

すると、始めは数十人で行う予定であったのが、賛同者が増えて100人規模の男子生徒が抗議活動に参加した。

ポーリンさんは自身のInstagramに、声明文を載せた写真を投稿。そこで、スカートを履く女性を性的記号とみなし、さらに性被害を受けた女性側に責任を問う社会に疑問を投げ掛けた。

 

Source: Zachary Paulin/Instagram

Source: Zachary Paulin/Instagram

男子がスカートを履くことで性被害者に対する2次被害を一蹴すると同時に、ファッションとジェンダーが無関係であることを示したかったと述べている。

「女性がスーツやズボンを着ても、誰も気にしない。でも、男性がメイクをしたりネイルをしたら、周囲はすぐに『ゲイなのか』と決めつけて罵倒する。この運動は、男の子達が本当の自分を見付けることを妨げている『有害な男性性』に対する抵抗でもあるんだ」

現地メディア『CBC』の取材に応えたポーリンさんは、近日中に校長と話し合い、より包括的で多様性に富んだ校則に改善するよう要請したいと語った。

 

おすすめ記事

  1. 「黒人奴隷と白人所有者」男子生徒の ハロウィン仮装が波紋を呼ぶ
  2. 黒人差別撤廃運動「くだらない」 アジア系モデルに批判が殺到
  3. 動物サーカスは「非人道的」であるとして公演禁止に
  4. 自然保護活動家2人を殺害 違法伐採業者の犯行か
  5. 黒人生徒に「アフリカ人の様に謝罪しろ」と要求、小学校校長が辞職
  6. 子猫を保護したと思った女性、よく見たらボブキャットだった
  7. アメリカで民族学が高校の必修科目に、人種差別抗議デモが後押し
  8. 老いた警察犬を世話する「老犬ホーム」がインドに誕生

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。