HOT

ロシアW杯 フランスが優勝するも、興奮したファンが暴徒化 2人死亡

Source: AFP

ワールドカップ ロシア大会の決勝戦はフランス対クロアチアの激闘の末、フランスが優勝という結果となった。

1998年以来2度目の優勝となり、フランス国内は一気にお祝いムードに。

しかしそんな楽しい一時も束の間、一部の暴徒化したファンが街を荒らし始め、興奮した末に2人が死亡するという大惨事に陥った。

 

 

フランス優勝を祝い暴徒化したファンが治安部隊と衝突

Source: AP通信

フランス警察によれば、ファンが暴徒化したのは夜中12時を過ぎた頃で、火炎瓶を投げ付けるなどの危険行為に出るファンが続出した。

凱旋門付近の雑貨店やドラッグストアは強盗被害に遭い、多くの店が窓ガラスを割られるという被害を受けた。さらに運転中の車に飛び乗ったり、他人の自動車をひっくり返して写真撮影をする者も現れ、パリ市内はパニック状態に陥った。

 

Source: AP通信

なんとかして暴徒を鎮静化させようと、治安部隊が出動。

催涙弾や消火ホースを大衆に向けて放つ手段に出た。

各地で治安部隊とファンの間で衝突が相次ぎ、10人以上が拘束された。

 

Source: The Sun

フランス南東部の街アヌシーでは、50代の男性ファンが優勝を祝って運河に飛び込むも、首を骨折し死亡。

また、30代の男性ファンは車を猛スピードで発進させた挙句、街路樹に激突し死亡した。

祝賀ムードに包まれるはずがパリの街は荒らされ、2人の死者が出るという最悪の事態に陥ったフランス国内。

優勝の見返りに街を破壊するというのは、なんとも皮肉な話である。

 

おすすめ記事

  1. トランスジェンダーの女性が地方議会議員に選出
  2. アジア人女性を銃殺した犯人は「ついてなかった」? 警察の発言に非…
  3. 中国の正統派美女、張辛苑とは?
  4. 「トランプに騙された」 Qアノン信奉者バッファローマンが愚痴をこ…
  5. 飲酒抑制ポスターが「女性蔑視だ」と問題視される
  6. 41歳の男性が11歳の少女と結婚し物議を醸す
  7. LGBT+向けジムが極右団体からの脅迫を受け閉鎖に追い込まれる
  8. クライストチャーチ銃乱射事件、容疑者のマニフェストに何が書かれて…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。