NEWS

銅像の「巨大な陰部」に男性客が憤慨、ネットでは賛否両論

Source: Resorts World Sentosa

シンガポールのオンラインメディア『STOMP(ストンプ)』で25日、「銅像の巨大な陰部」に対して異議を唱える社説が寄稿され話題を集めている。

セントーサ島にある統合型リゾート『Resorts World Sentosa(リゾート・ワールド・セントーサ)』のホテルを訪れていた男性は、そこに展示されていた男女の銅像に着目した。

 

Source: Resorts World Sentosa

同施設のホテル『Hotel Michael(ホテル・マイケル)』の入り口に設置されている『Adam and Eve(アダムとイヴ)』という2体の銅像は、コロンビア出身の芸術家フェルナンド・ボテロ氏が手掛けた作品だ。

ボテロ氏は対象を誇張して描く独自のスタイルが特徴的だが、投稿者の男性は「子供がいる場では不適切だ」と指摘。

「性器が大きすぎる。アートならば小さく表現するべきだ」と主張した。

一方で、男性の社説に対する反応は冷ややかだ。「過剰反応」「嫉妬しているの?」など辛辣な批判が相次ぎ、不適切であるとの指摘を支持する声は少数派のようだ。

 

おすすめ記事

  1. 「自分を取り戻すため」妻との離婚を決意したゲイのモルモン教徒
  2. ビール醸造技術を用いて困窮者に炊き出し所を提供
  3. コロナ禍で多忙な配達員の男性、誕生日ケーキを贈られて歓喜の涙
  4. 赤ん坊の泣き声対策に、母親がフライト乗客へ”プレゼント”を配布
  5. ”風邪薬味”のスイーツとは?アジア圏で人気の咳止めシロップがアイ…
  6. タリバンから逃げ惑うカブール市民を揶揄したTシャツが販売される?…
  7. 「文化盗用」? 有名シェフの新カクテル「白い芸者」が大バッシング…
  8. 偽物のルイ・ヴィトンやグッチで作ったDIYファッションが凄い

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。