NEWS

銅像の「巨大な陰部」に男性客が憤慨、ネットでは賛否両論

Source: Resorts World Sentosa

シンガポールのオンラインメディア『STOMP(ストンプ)』で25日、「銅像の巨大な陰部」に対して異議を唱える社説が寄稿され話題を集めている。

セントーサ島にある統合型リゾート『Resorts World Sentosa(リゾート・ワールド・セントーサ)』のホテルを訪れていた男性は、そこに展示されていた男女の銅像に着目した。

 

Source: Resorts World Sentosa

同施設のホテル『Hotel Michael(ホテル・マイケル)』の入り口に設置されている『Adam and Eve(アダムとイヴ)』という2体の銅像は、コロンビア出身の芸術家フェルナンド・ボテロ氏が手掛けた作品だ。

ボテロ氏は対象を誇張して描く独自のスタイルが特徴的だが、投稿者の男性は「子供がいる場では不適切だ」と指摘。

「性器が大きすぎる。アートならば小さく表現するべきだ」と主張した。

一方で、男性の社説に対する反応は冷ややかだ。「過剰反応」「嫉妬しているの?」など辛辣な批判が相次ぎ、不適切であるとの指摘を支持する声は少数派のようだ。

 

おすすめ記事

  1. 夏休みの宿題は「外国人と写真を撮ること」?小学校に批判が殺到
  2. 指名手配犯、サウナで居合わせた警察官に緊急逮捕される
  3. アンバー・ローズ、6歳息子への性教育を徹底していると告白
  4. 半分以上の学生が「大学進学より実習生の道を選ぶ」と回答
  5. 実子3人を繰り返し強姦した父親に懲役33年、小児性愛障害と診断
  6. 水深45m! 一般利用OKの世界一深い民間プールが今秋オープン
  7. 55歳セラピストがレイプ被害者の少女にセクハラ行為
  8. 介護士が勤務中にTik Tokを撮影、高齢者と男児に目を配らず

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。