NEWS

早老症の女性を揶揄うTikTokの最新トレンド、本人が苦言を呈する

Source: Lizzie Velasquez/Instagram

アメリカのTikTokでは今、『New Teacher Challenge(=新しい先生チャレンジ)』が流行している。

このトレンドは、ビデオ通話アプリ『FaceTime』を通じて相手にドッキリを仕掛けるというもので、今年7月頃から爆発的な人気を得ている。

そこでは親が子供に「新しい先生を紹介する」などと言い聞かせてFaceTimeに誘い出し、途中で「怖い画像」をスクリーンに表示させて、それを見た子供の反応を見て楽しむという内容のようだ。

しかしこの「怖い画像」の多くに奇形児の写真が使われているため、批判の声も相次いでいる。

そして、自身の写真を利用されたモチベーショナルスピーカーのリジー・ベラスケス(Lizzie Velasquez)さんが、Instagramでこのトレンドを糾弾した。

 

View this post on Instagram

A post shared by Lizzie Velasquez (@littlelizziev)

 

「お願いですから、自分と容姿が違う人を見たら怖がっても良いということを、子供達に教えないで下さい。子供達は、他者への優しさや気配りを親から学ぶのです」と、幼い子を持つ親に対して強く訴えた。

ベラスケスさんの動画は高い注目を集め、多くの人達から称賛の声が送られている。

さらに、なかには奇形児の写真を使った投稿主から謝罪の言葉が上がり、動画を削除した旨が伝えられていた。

 

おすすめ記事

  1. 城壁に落書き 外国人観光客を逮捕
  2. 「婚約者がレイプされても子供の面倒を見ることね」財務相候補者の発…
  3. H&Mが人種差別的な広告を出し、黒人コミュニティを激怒…
  4. 盲導犬ならぬ「盲導馬」が地下鉄で訓練を開始
  5. スウェーデンのウプサラ中央駅が簡易プールに様変わり!?
  6. おもちゃに性別は関係ない?商品を男女別に分ける風潮に不満の声続出…
  7. 新型コロナに感染か 老夫婦が最期の面会
  8. ボストン警察が愛する野良猫に豪邸をプレゼント

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。