NEWS

性的で子供に悪影響? 生理用品の広告が規制される

Source: Tampax

アイルランドの広告基準局が先月、生理用品のコマーシャルを「子供に悪影響」「描写がリアルすぎる」などの理由で規制する措置を講じた。

規制対象となったのは、世界100か国以上で販売されているアメリカのタンポンブランド『Tampax』のCMだ。

この広告では、架空のトークショー『Tampons & Tea』のなかで、女性2人がタンポンの使い方について学ぶ構成となっている。

 

Source: Tampax

タンポンを入れると異物感を感じる、というゲストの女性に対し、司会者が「それは奥まで届いてないからよ。グイっと押し込んじゃいなさい!」と奨励。実物の商品を取り出して使い方の実証を行い、「快適にタンポンを使いましょう」との一言でCMは終わる。

しかしCMの放送が開始されると、数十件ものクレームが発生した。現地メディアによると、苦情内容は「女性を蔑視している」「性的な表現を仄めかしている」などというものだ。

 

Source: Tampax

アイルランドの広告基準局『Advertising Standards Authority for Ireland(ASAI)』は、「このCMに露骨で猥褻な要素はない」としながらも、苦情件数から多くの視聴者を不快にさせていることを理由に、広告配信の禁止を講じたのだ。

しかし、この判断は「生理を疚しいもののように捉えている」として、ASAIに対する批判が続出。一方で、Tampaxの広告は「分かりやすく、タンポンの使用に恥じらいを感じさせない」と称賛の声を贈る人々が相次いでいる。

 

おすすめ記事

  1. 母親との約束を果たすため、幼い息子達が標高3952mを登頂
  2. 倒れた看守を救った受刑者へ刑務所から感謝の意が表される
  3. タイ反政府デモで「ハム太郎」のテーマ曲を合唱?
  4. 元彼への逆襲!?自宅に玉ねぎ1000kgを送り付ける
  5. 外国人女性、 「低い英語力」が原因で入国を拒否される?
  6. 米大統領選挙、争点に「肉の消費量」が加わる?
  7. 【スウェーデン】ストックホルムで全自動の無人バスが始動
  8. ザ・シンプソンズで政治的発言?トランプ支持者が激怒

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。