HOT

コロナ苦で女性が自殺未遂 給付金支給を拒否され

Source: StockSnap/Pixabay

パンデミックに伴う夜間外出禁止令や営業自粛などの緊急事態宣言が発令されているタイで先月27日、女性が生活苦を理由に毒薬を飲み自殺を図った。

タイ政府は先月より、貧困層などを対象とした6か月間の5000バーツ(約1万6000円)給付金支給制度を実施している。

しかし現地メディア『Bangkok Post』によると、首都バンコクにある財務省で女性が申請を行ったところ事務員に支給を拒否され、彼女は建物の前で「誰も私のことなんか気にも留めない」などと泣き叫びながらネズミ用の毒薬を飲んだという。

その場で倒れた女性は病院に搬送され、一命を取り留めた。翌日、病院に訪れた財務省職員が彼女の銀行口座に5000バーツを振り込んだと報じられている。

タイでは現在、コロナショックによって急増した生活困窮者の自殺や自殺未遂が社会問題と化している。さらに今回のように、給付金の申請を拒否される人々が相次いでいることも混乱に拍車をかける要因としてみられている。

関連記事

  1. ”女性にナンパした容疑”で男を逮捕?国内の新法:ナンパ防止条例と…
  2. 「極小ペニス!」アジア系俳優がまた煽られる
  3. ネオナチ系自警団が”難民対策”として街中…
  4. アジア系の家族を侮辱し炎上したIT企業CEOが辞職
  5. 学費は「プラスチックごみ」でOK?貧困児童への新しい教育モデルと…
  6. 読書を通じて孤独な高齢者と友情を育むプログラムとは
  7. 「移民は欧州文化を破壊する」トランプ大統領が移民・難民の流入を批…
  8. 虐めを受けた9歳の男の子、義援金5000万円を慈善団体に寄付

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。