NEWS

黒人蔑視用語の使用でプロレーサーが出場停止処分に

Source: Kyle Larson/Instagram

アメリカ最大のモータースポーツカップ『NASCAR』で活躍するプロレーサーが、黒人蔑視用語である『ニガー』を使用したとして無期限の出場停止処分を受けた。複数の欧米メディアが報じた。

南東部ノースカロライナ州を拠点とするレーシングチーム『チップ・ガナッシ・レーシング(Chip Ganassi Racing)』に所属する日系アメリカ人のカイル・ラーソン氏(トップ画像)は12日、新型コロナウイルス感染防止のため開催されていたバーチャルレース『iRacing』に参戦していた。

しかし彼は試合中、指示役の声がヘッドフォンから消えたため「僕の声は聞こえないか?」と不具合を確認した後、問題となった差別用語を発言したと英メディア『The Guardian』は伝えている。

 

View this post on Instagram

A post shared by Kyle Larson (@kylelarsonracin)

 

ライブ配信のなか放送されたラーソン氏の発言は多くの視聴者から批判を浴び、彼の主要スポンサーであるマクドナルドなどが立て続けにスポンサーを降板。加えて、彼の発言を公式に非難した。

その後、NASCARがラーソン氏に対する無期限の出場停止処分を講じ、さらにチップ・ガナッシ・レーシングは彼を解雇すると発表した。

ラーソン氏は自身の発言についての謝罪動画をツイッターに投稿し、以下のように弁明した。

 

 

「決して言ってはならないことを言ってしまった。僕のミスだ、言い訳は通用しない。僕の両親は、そんな育て方はしていない。俺の家族、友達、パートナー、NASCARの人達、そしてアフリカ系アメリカ人の方々に不快な思いをさせてしまい、深くお詫び申し上げます」

NASCARは、ラーソン氏が復帰するには差別に関する基礎知識習得プログラムの受講が必須であると述べている。

 

関連記事

  1. 「父親と認めて」 子供を妊娠・出産した男性が最高裁に上告
  2. 盲導犬ならぬ「盲導馬」が地下鉄で訓練を開始
  3. アジア地域で”チーズ茶”が話題沸騰!未知…
  4. 「娘の処女膜を確認している」?人気ラッパーの発言が波紋を呼ぶ
  5. シリア難民と偽ったヨルダン人が元ルームメイトを刀で殺害
  6. 恋人の両親に好かれるため? 警察官を装った20歳女を逮捕
  7. ドーナツ店がベーコンのスライスのみを新発売!?
  8. トランプ支持者が『アナ雪』ミュージカルを妨害?役者が怒り心頭

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。