NEWS

ポケモンGOで体重65kgの減量に成功した25歳男性

Source: Instagram

位置情報を活用した人気ゲームアプリ『ポケモンGO』をプレイして63kgの減量に成功した25歳男性が、同アプリの開発者『ナイアンテック』のインタビューに応じた。そこで彼は、痩せたことで自分に自信が付き人生がより楽しくなったと語った。

イギリスの首都ロンドンにある大学に通うトミー・モンクハウスさん(トップ画像)は、158kgあった体重ゆえに虐めを受け続け、とてもシャイで自分の殻に籠もる生活を送っていたという。

そんななか、2016年に現実世界と融合させた『ポケモンGO』が世界中で大注目を浴びた。そして、23歳になったモンクハウスさんはアプリをダウンロードし、ポケモン収集やバトルに繰り出すために頻繁に外出するようになる。

当初は20分ほどの徒歩で終わっていたが、慣れるとそれが3時間となり、彼は外を出歩くことで「晴れやかな気分になった」と話す。

 

View this post on Instagram

A post shared by Tommy Linford Monkhouse (@tommy_linford_monkhouse)

 

そしてモンクハウスさんは、「これをあと1週間続けたらどうだろう。それをもう1ヶ月、1年続けたら?」と歩きながら自問自答を繰り返していたという。

さらにポケモンGOのコミュニティに参加したことで徐々に社交的になり、人との交流が増えたと嬉しそうに語った。体重の減量に成功して自己肯定感を得たことで、今まで全く接点のなかった人とも話せるようになったのだ。

 

View this post on Instagram

A post shared by Tommy Linford Monkhouse (@tommy_linford_monkhouse)

 

「この1年間、僕自身が変化していくのを見てきた。人生に悲観しているデカい身体をした惨めな男から、いつも笑顔で自信に満ちた男になれたんだ」

「63kgの減量で僕は、身体的だけでなく精神的にも強くなれた。これが僕に必要なことだったんだと、ようやく分かったのさ」

モンクハウスさんは、ポケモンGOのコミュニティに参加したことは「人生で一番の経験になった」と述べ、自分の心の中にある特別な居場所となったと話している。

 

おすすめ記事

  1. ユダヤ教徒の「鼻」を故意に大きく加工? 選挙広告が波紋を呼ぶ
  2. オス猿がライオンの子供を誘拐?しかも子煩悩
  3. コロナ不況で解雇のパイロット、やむなく食品宅配業者に転身
  4. コロナ規制緩和でバーガーキングに長蛇の列、警察も出動
  5. 「中国が我が国を汚染させた」 選挙広告が波紋を呼ぶ
  6. 【映画】大ヒット作『グリーンブック』は何故白い目で見られるのか
  7. 「貴方に代わって相手に嫌がらせをします」新サービスが波紋を呼ぶ
  8. 12歳娘を350円で男に強姦させた父親を逮捕

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。