NEWS

読書を通じて孤独な高齢者と友情を育むプログラムとは

Source: The Reading Agency

イギリスで今、目が不自由であったり認知症に苦しむ社会的弱者を対象とした読書支援プログラムが注目を集めている。

読書支援団体『The Reading Agency』は2017年、宝くじで得た資金で活動する『National Lottery Community Fund』からの援助を受け、イギリス全土で「読書友達」を提供するプログラム『Reading Friends』を始動させた。

同プログラムでは、孤独な生活を送る不安定な人々に「読書を通じた対話」という交流の場を設けて、人との繋がりを構築させることを目的としているという。

Reading Friendsを利用しているローレン・バーネットさんは、40代の頃に全身性エリテマトーデスという難病を患い、文字を読む度に目が痛くなるため大好きだった読書が出来なくなったという。

そんなバーネットさんは、同プログラムでボランティア活動をしている15歳のアリサさんと出会った。2人は読み聞かせをしながら楽しくお喋りをしたりと、今では仲の良い友人同士であると英メディア『BBC』の取材に語っている。

イギリスの慈善団体『Age UK』の行った調査結果によると、周囲との有意義な関係を保つことは、健全な暮らしを送る上での重要なファクターとなることが分かった。

また、その中で65歳以上の8%~10%の人が「よく孤独を感じる」または「いつも孤独を感じている」と回答している。

 

おすすめ記事

  1. 今年度開催のゲイ・パレード、参加費が昨年の倍に値上り?
  2. 容姿を褒められて激怒? 45歳男が隣人の男性を刺殺
  3. ゴミ捨て場で暮らす元女優の遺体が発見される
  4. セレブ達の仮装パーティが今年も凄い
  5. ベッドが足りず、仕方なくプールで寝た男性に注目が集まる
  6. 児童を強姦し撮影したカップルの男女に懲役21年
  7. 人権大臣、アナと雪の女王は「子供達をゲイにさせる」と主張
  8. 【訃報】全身タトゥー男「ゾンビ・ボーイ」が死去、自殺の可能性も

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。