CULTURE

中国系とインド系の新婚夫婦、結婚式は2つの文化を融合

Source: Pathma Gurusamy via Mothership

中国系シンガポール人の新郎とインド系マレーシア人の新婦が、両文化を取り入れた結婚式を挙げて注目を集めている。

ニュージーランドにあるマッセー大学の獣医学生として出会った2人は、昨年12月にマレーシアで式を挙げた。シンガポールの英字メディア『Mothership』によると、当初は婚姻届の提出のみで結婚式の予定はなかったが、双方の両親からの強い要望を受けて挙式を決意したという。

そして規模は小さく抑えながらも、インド式と中国式の結婚式を2日かけて執り行う計画を立てたのだ。

Source: Pathma Gurusamy via Mothership

Source: Pathma Gurusamy via Mothership

初日は首都クアラルンプールにあるヒンドゥー寺院で、インド式の結婚式を開催。豪華な衣装を身に纏った2人は『ジャイ・マラ(花輪の交換)』などの伝統儀式を行った。

そして翌日、今度は中国式の結婚式が挙げられた。親族や友人から紅包に入ったご祝儀を貰い、相手の親族にお茶を捧げて新しい家族を迎え入れる『敬茶の儀』も執り行われた。

さらにグルサミーさんの着用した赤いチャイナドレスは、インドの民族衣装サリーから作られたものだという。

Source: Pathma Gurusamy via Mothership

Source: Pathma Gurusamy via Mothership

Source: Pathma Gurusamy via Mothership

新婦のパスマ・グルサミーさんは、当時の様子をFacebookグループ『Subtle Asian Traits』にシェアした。すると、同投稿には3万件以上のリアクションに2000件以上のコメントが寄せられ、両文化を融合させた挙式は大きな反響を呼んだ。

グルサミーさんは同投稿で、「みなさんの国際結婚の写真を見て素敵だなと思って、私も自分の結婚式をシェアしたい気持ちになりました」と語り、2人の文化を尊重しお互いに受け入れることの喜びを綴っている。

関連記事

  1. 「同じ人種間で結婚するべき」 ハーフの孫への中傷に不動産王が反論…
  2. 14歳の超不良少女がラッパーデビュー?初シングルの評判は・・・?…
  3. 介護施設にいる愛妻に毎日会いに来るお爺ちゃん
  4. 外国語の店名は「国家威信を傷付ける」として取り締まりの対象に
  5. タイ反政府デモ、高校生が「厳しすぎる校則」に抗議
  6. クリス・ブラウンが強姦罪で告訴される? 本人は強く否定
  7. “自分の年老いていく姿を見るのが幸せ” …
  8. コロナ規制緩和でバーガーキングに長蛇の列、警察も出動

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。