CULTURE

ベトナム初のミセス・ワールドが誕生

Source: Jennifer Le/Instagram

アメリカ・ネバダ州ラスベガスで4日、既婚女性の美人コンテスト『ミセス・ワールド』が開催され、史上初となるベトナム人女性が優勝した。

移民としてベトナムからワシントン州シアトルに渡ったという29歳のジェニファー・リーさん(トップ画像)は、名門ワシントン大学を卒業した後、総合コンサルティング会社『アクセンチュア』に就職したエリートだ。

View this post on Instagram

A post shared by Jennifer Le (@hellojenniferle)

 

そんなリーさんは2007年、高校を卒業したばかりの17歳の時に初めて美人コンテストに参加し、「ミス・ベトナム・グローバル」で見事優勝を勝ち取っている。

それ以降も彼女は美人コンテストに対する情熱を抱き続けていたが、仕事や育児を優先させるために暫くの間は出場を控えていたという。

しかし息子が成長した今、リーさんは美人コンテストに再挑戦するようになったのだ。そして2018年に『ミセス・ベトナム・ワールド』で優勝し、今回のミセス・ワールドでもトップを飾り連勝を記録。母になった現在でも、リーさんの美貌と熱意は健在だ。

View this post on Instagram

A post shared by Jennifer Le (@hellojenniferle)

リーさんは自身のインスタグラムにて、ミセス・ワールドに選ばれた思いをこう綴っている。

「私は常に、イメージ像の重要性を信じてきました」

「私達はいつも子供達に『全力を尽くせば夢は叶う』と言いますが、彼らがその言葉を信じるには、実際にその目で見なければ分からないのです」

「私の活躍を見た若い人達が、不安を乗り越えて夢を追いかける原動力となることを願います」

 

関連記事

  1. ノーブラで出勤したら解雇? 20代女性が人権侵害を申し立てる
  2. アイスランドでは男性が女性より稼ぐと”違法̶…
  3. のぞき魔に対する厳格な処罰を求め、ある女子大生が立ち上がった
  4. ビーガンの代替肉に対抗?肉屋が「代替野菜」を販売
  5. 「動物虐待だ」 韓国人YouTuberに批判が殺到
  6. 市民の実名とIDをネットに公開?監視社会の弊害が露呈
  7. ダウン症の娘を罵倒する匿名ユーザー達に父親が激怒
  8. 外出禁止令のなかジョギングをした女性が国外退去に

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。