ANIMALS

ボストン警察が愛する野良猫に豪邸をプレゼント

Source: bpdnews.com

2017年の2月、アメリカ東部マサチューセッツ州ボストンの州警察が、警察署に住み着いた野良猫のために大きな家をプレゼントして注目を集めた。

ボストン警察の公式サイトによると、約7年前となる2013年から特別機動隊(SWAT)基地の周辺を雌の三毛猫が出入りするようになったという。

警戒心の無い愛らしい猫に、大柄で強面な警官達も心を射抜かれたようだ。

 

Source: Boston Police Department/Facebook

彼らは三毛猫に「SWAT CAT(スワット・キャット)」と名付け、避妊手術を施して予防接種も行ったという。さらにIDの組み込まれたマイクロチックを埋め込むなど、同部隊のスワット・キャットへの溺愛ぶりが伺える。

2015年に彼女が行方不明となった時は、公式フェイスブックを用いて情報提供の呼び掛けを行ったほどだ。

そんな愛するスワット・キャットのために、在籍15年のベテラン警官ジェイミー・ピエトロスキー氏が丹念込めて「猫用邸宅」(トップ画像)を作り上げた。

 

Source: bpdnews.com

Source: bpdnews.com

Source: bpdnews.com

 

何日もかけて作られたというスワット・キャットの新しい家には、ゆとりのあるリビングに広いベランダ、さらに「パノラマの風景が見られる」大きな窓が備え付けられている。

まるでアメリカン・ドリームを叶えたかのような豪邸を与えられたスワット・キャットは、とてもご機嫌の様子だ。これで雨や寒い冬を凌ぐことができるだろう。

 

おすすめ記事

  1. 愛用のイヤホンにアシダカ軍曹が住み着く!?
  2. ケンタッキー店内でプロポーズしたカップルに大企業からラブコール
  3. ベトナム初のミセス・ワールドが誕生
  4. 白人男性が尺八の演奏を披露するも、「日本文化の盗用」と批判が続出…
  5. 読書を通じて孤独な高齢者と友情を育むプログラムとは
  6. インスタグラマーが聖水で尻を洗う動画に批判が殺到
  7. 問題児から芸術家に?9歳の男の子のイラストが話題を呼ぶ
  8. アジア人女性を卑下した動画に批判殺到

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。